育毛成分「ビュリクシール」の効果と成分を詳しく解説

育毛成分「ビュリクシール」は、イタリアのROELMI社(ROELMI HPC)が開発した、ノコギリヤシ・ボラージ・フラックスシード・小麦胚芽・欧州松樹皮・ライ麦といった植物由来成分から作られた100%天然オイルの混合成分です。

このビュリクシールは、医薬品でもないのに脱毛分子DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制できるのが最大のメリットです。しかも!植物由来成分なので、副作用の心配ありません。
そこで、今回はビュリクシールの効果について詳しくご紹介を致します。
育毛成分「ビュリクシール」の効果と成分を詳しく解説

効果

脱毛分子DHT(ジヒドロテストステロン)がFAGA(女性男性型脱毛症)の原因と言われています。このジヒドロテストステロンは、男性ホルモン「テストステロン」に「5αリダクターゼ」という酵素が結びついた時に生成され、毛髪の元となる細胞(毛母細胞)の働きを低下させることが分かっています。それによって脱毛が引き起こされると言われています。

男性ホルモン「テストステロン」は男性だけが持つものではなく、女性もこのテストステロンを副腎や卵巣で分泌しています。血中テストステロン値で比べると、男性の5~10%と言われています(健常成人の場合)。

ビュリクシールと同様に脱毛分子DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する動きがあるとして、美容外科クリニックでも広く使用されている育毛成分「フィナステリド」と比較した実験結果をご紹介を致します。

ビュリクシールとフィナステリドを比較し実験したグラフ
出典元:Journal of Cosmetrogy and Tricology

上のグラフは、世界的な文献である「Journal of Cosmetrogy and Tricology」で発表されたものです。薄い緑色がフィナステリドで、その右にあるのがビュリクシール(30μg・60μg・100μg)です。ご覧のとおり、フィナステリドと比べても大差が無いほど脱毛分子(DHT)を抑制しているのが分かります。

また、その文献にはこのような実験結果も記載されています。

after 24h treatment, dosage of DHT in cell culture is reduced 13.9% by finasteride, 10.9% by nutritional complex at 100 μg/ml, 9.3% by the nutritional complex at 60 μg/ml, 6.1% by the nutritional complex at 30 μg/ml and 9.6% by Serenoa repens comparing to negative control.

Moreover, after 48 h treatment DHT is reduced 31.7% by finasteride, 24.7% by the nutritional complex at 100 μg/ml, 20.4% by the nutritional complex at 60 μg/ml, 11.3% by the nutritional complex at 30 μg/ml and 29.2% by the Serenoa repens, compared again with negative control.

24時間後、細胞培養中のDHTの投与量は、フィナステリドにより13.9%、100μg/mlのビュリクシールにより10.9%、60μg/mlのビュリクシールにより9.3%、30μg/mのビュリクシールにより6.1%減少します。

さらに、48時間後、フィナステリドではDHTが31.7%減少。100μg/mlのビュリクシールで24.7%、60μg/mlのビュリクシールで20.4%、30μg/mlのビュリクシールにより11.3%します。

さきほどのグラフからDHT(脱毛分子)の抑制率をまとめるとこのような結果になります。

  24時間後 DHT(脱毛分子)の抑制率 48時間後 DHT(脱毛分子)の抑制率
フィナステリド 13.9% 31.7%
ビュリクシール100μg/ml 10.9% 24.7%
ビュリクシール60μg/ml 9.3% 20.4%
ビュリクシール30μg/ml 6.1% 11.3%

このように、脱毛分子(DHT)を抑制する効果がフィナステリドと同様にビュリクシールにあることが分かります。フィナステリドの方がビュリクシールより数値的には上回っていますが、フィナステリドには男性機能障害・肝機能障害などの副作用があります。また、フィナステリドは男性のみしか使用することができませんが、ビュリクシールは、植物由来成分から作られた100%天然オイルの混合成分で副作用の心配もなく、男女ともに使用することができます。

こちらがビュリクシールの主成分であるノコギリヤシ・ボラージ・フラックスシード・小麦胚芽・欧州松樹皮・ライ麦の効果です。

成分名 効果

ノコギリヤシ

ノコギリヤシ

ノコギリヤシとは、米国東部を原産地とするヤシ科の植物で、その果実から絞り出されたエキスです。もともとは、前立腺肥大に効果が期待される成分ですが、最近の研究で脱毛の原因である5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する働きを持っているとされています。

ボラージ

ボラージ油

ムラサキ科植物ルリジサ(ボラージ草)の種子から抽出し得られるエキスです。フランスや中国、中東地域で主に分布し、1600年代のヨーロッパでは、花や茎をワインの香りづけに使用していたそうです。母乳にも含まれるγ-リノレン酸が多く含まれており、ホルモン分泌を調整する作用があるため月経前症候群(PMS)の緩和に効果があると言われています。化粧品の原料として利用すると、肌になめらかさと弾力感を与え、保湿効果やシワの予防効果、皮膚を柔らかくするはたらきなどが認められています。皮膚刺激性はほとんどなく、アレルギー(皮膚感作)もほとんどないため、安全性の高い成分です。

フラックスシード

フラックスシード

フラックスシードは、亜麻仁油(あまにゆ)の亜麻の種です。亜麻仁油は少しクセがあり好みが分かれますが、フラックスシードは、クセもなくとても食べやすい食材です。フラッグシードにはα-リノレン酸が豊富に含まれており、コレステロールや中性脂肪を低下させて血流をよくする効能が期待出来ます。そのため血行が促進され発毛効果が期待できる成分です。

小麦胚芽

小麦胚芽

小麦は、パンやうどん・ホットケーキなどの多くの食べ物の原料となっていることはよく知られています。この小麦は、「胚乳」・「外皮」・「胚芽」の3つの部分に分けられます。胚芽は約2%という割合しかありませんが、「栄養の宝石」とも呼ばれるぐらいタンパク質・脂質・食物繊維・カリウム・リン・ビタミンEなどの栄養がたっぷり詰まった部分です。

欧州松樹皮

松樹皮エキス

欧州松は、フランス南西部の大西洋沿岸だけに生育する松です。欧州松樹皮エキスには、40種類以上もの水溶性フラボノイドが含まれていて、強力な抗酸化作用があることが分かっています。また、フランスでは、血管を強くする働きがあるとして、30年以上も利用されている成分です。

ライ麦

ライ麦エキス

ライ麦は、イネ科の二年生植物で、小麦に似ていますが丈が高く1.5~2メートルほどの高さになります。食物繊維が豊富でそのほかにも、皮膚や粘膜を保護する働きがあるビタミンB1とB2が多く含まれています。また、ミネラルなどの栄養も多く含まれています。

 

 

ビュリクシールを使用した育毛サプリはこちら

 

 

 

ピディオキシジルの効果と副作用について詳しく解説します!

ピディオキシジルは分子構造が医薬品の成分である「ミノキシジル」に近いことから、同様の効果が期待されている育毛成分です。ピディオキシジルは、毛包細胞を回復させ、ヘアサイクルを整える効果があると言われています。マウスを使った実験では、ミノキシジルよりピディオキシジルの方が髪の毛が増えたという結果も出ているほどです。しかも!ミノキシジルは副作用がありますがピディオキシジルは副作用がありません。
そこで、ピディオキシジルの効果副作用についてより詳しく解説します。

ピディオキシジルの効果と副作用について詳しく解説します!

効果と副作用

ピディオキシジルは、水谷豊さんがテレビCMをしているあの医薬品「リアップ」の育毛成分「ミノキシジル」の誘導体です。誘導体とは、化合物の一部分が変化してできるたものをいいます。

どのように変化しているかというと、下の図の赤い丸で囲んだところだけが変化しています。見てお分かりのようにとても良く似ています。言われてみないと分からないほどです。

ミノキシジルとピディオキシジルの分子構造を酷似している

このように分子構造がミノキシジルに近いことから、同様の効果が期待されている育毛成分です。ちなみに、ミノキシジルとは、発毛や育毛を促進する成分です。もともとは、血管を拡張する薬でしたが高い発毛効果が見られるため頭髪用に再研究されて誕生しました。医薬品として直接的な発毛効果が認められています。

ただ、このミノキシジルには、頭皮のかゆみ・炎症・湿疹・脂漏性皮膚炎・倦怠感などの副作用があることが分かっています。また、頭皮への吸収効率が悪いこともあげられます。それらの欠点を改善した成分として近年注目をされているのがこのピディオキシジルなんです。

ピディオキシジルは、成長に必要な栄養を摂取することによって弱い毛包細胞を回復させ、ヘアサイクルを整える効果があると言われています。また、毛根に働きかけることで、髪の成長とボリュームを増します。さらに!、ピディオキシジルは、血流を介して健康な頭皮と美しい髪の毛を作る毛根に作用します。

こちらはインドのKumar Organic Products Ltdという会社がピディオキシジルの実験を実施した文献の一部です。そこには、毛包細胞を回復させて、髪を成長させる働きがあると示されています。

KOPYRROL recovers weak follicle cells by supplying the nutrition which hair needed for growth and increase the growth of hair and increases the volume of hair in the growth stage by working on the deep structure of the roots. Through the bloodstream, KOPYRROL works at the level of the hair root, which is responsible for a healthy scalp and beautiful hai.
出典元:※https://www.slideshare.net/Kumarorganicproducts/kopyrrol-pyrrolidinyl-diaminopyrimidine-oxide

上の英文を日本語に翻訳すると、
ピディオキシジルは、成長に必要な栄養を摂取することによって弱い毛包細胞を回復させ、また、毛根に働きかけることで、髪の成長とボリュームを増します。また、ピディオキシジルは、血流を介して健康な頭皮と美しい髪の毛を作る毛根に作用します。
※毛包細胞とは、毛本体・毛乳頭・毛母細胞などの構造をまとめた総称です。

日本名 ピディオキシジル
正式名称 ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド
INCI Name Pyrrolidinyl diamino pyrimidine Oxide
商標名 Kopyrrol

 

また、マウスを用いた実験では、ミノキシジルよりピディオキシジルの方が髪の毛が増えたという結果も出ています。

ミノキシジルとピディオキシジルをマウスを用いて実験した結果ではミノキシジルよりピディオキシジルの方が毛が増えたという結果がでた。

 

ピディオキシジルは、医薬品ではありませんので副作用の心配はありません。ただし、肌に合わない場合は発疹・かゆみなどが出ることは考えられます。まったくリスクがないわけではないので、正しく理解しておきましょう。

ですが、スカルプDボーテの眉毛美容液などにもピディオキシジルは配合されており、体の部分でも特に皮膚が薄い部分に使用されています。また、目の粘膜にもつながる非常にデリケートな部分にも使用されていることから副作用の心配が少ないことが伺えます。

 

ピディオキシジルを配合した育毛剤はこちら

 

 

SHEE(シィー)サプリ成分ビュリクシールの口コミや評判を解説

SHEE(シィー)サプリは、あの話題の育毛成分「ビュリクシール」を日本ではじめて配合した育毛サプリメントです。

このビュリクシールとは、イタリアのROELMI社(ROELMI HPC)が開発した、ノコギリヤシ・ボラージ・フラックスシード・小麦胚芽・欧州松樹皮・ライ麦といった植物由来成分から作られた100%天然オイルの混合成分です。

ビュリクシールは、脱毛分子DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する働きがあり、医薬品でもないのに脱毛分子(DHT)を抑制できているのが最大のメリットです。しかも!植物由来成分なので、副作用の心配ありません。

そんなSHEE(シィー)サプリの口コミ評判を調べましたのでSHEE(シィー)サプリの購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

SHEE(シィー)サプリ成分ビュリクシールの口コミや評判を解説

口コミ・評判

SHEEサプリメントの口コミですが、大手口コミサイトをはじめ、楽天市場・アマゾンにも投稿されていません。ネットでも探してみましたが、いろんな体験談らしきもの(ねつ造?)もありますが、どれも怪しくて今一つ信用できません。

SHEEサプリメントは、2018年6月に発売されたばかりなので現在のところまだ口コミが投稿されていないんです。
※2019年1月時点でも大手口コミサイトへの投稿は1件もありません。 

アマゾンに限っては、販売もされていないので口コミ投稿はありえません。

それに、公式サイトから購入された方も使い始めてから効果を実感するまでには、数ヶ月かかりますので口コミが無いのが当然ですね。

それは、髪にはヘアサイクルという髪の寿命があるからなんです。そのヘアサイクルは2年~6年で、成長期・退行期(2~3週間)・休止期(3,4ヶ月)という非常に長いサイクルを繰り返します。10万本ある髪の1割にあたる1万本がその休止期にあると言われています。休止期は3,4ヶ月あると言われているので、どんなに良い育毛剤やサプリメントでも効果を実感するのに時間がかかってしまうんです。

口コミはまだ投稿されていませんが、効果は医薬品の育毛成分「フィナステリド」と同程度あることが立証されています。

こちらの下の表は、ビュリクシールを服用して6ヶ月後の実験結果です。その結果では、93.3%の方が抜けが減ったと実感し、83%以上もの方がボリュームや密度が改善したという結果がでています。

ビュリクシールを投与して1ヶ月後から6ヶ月後の経過した結果
出典元:Journal of Cosmetrogy and Tricology

また、女性の33.3%が「著しく髪の毛が増えた」と実感されています。当然、男性にも効果がありますが女性にも大いに効果があるようです。
ビュリクシールは男性でけではなく女性にも効果があることが判明
出典元:Journal of Cosmetrogy and Tricology

医薬品の育毛成分「フィナステリド」は、性欲の減退・肝機能障害・倦怠感などの副作用があります。が、SHEEサプリメントの主成分であるビュリクシールは植物由来成分100%だから副作用の心配がありません

フィナステリド(finasteride)とは、アメリカの製薬会社メルク・アンド・カンパニー( Merck & Co.)が開発した抗アンドロゲン薬です。この抗アンドロゲン薬とは、男性ホルモン(アンドロゲン)のはたらきを抑制する薬のことで、前立腺肥大症・前立腺癌・男性型脱毛症(AGA)などに効果があります。

その後、経口フィナステリドが、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として米国食品医薬局(FDA)に認可されると、「発毛剤プロペシア(Propecia)」という商品名で発売されるようになりました。

そのため、フィナステリドは成人男性に限られ、女性や未成年は服用できません。妊娠中の女性は触ることも止められています。フィナステリドは男の胎児や思春期前の男子の外性器の発育に大きな影響を与えることが報告されています。そのため、妊婦や授乳中の女性、こどもが近くにいる場合はその取扱いに注意が必要です。

残念ながら購入の参考になる口コミはありませんでしたが、効果があるのは以上のように立証されています。

 

まずは、3ヶ月続けてみましょう。もし、髪に対する悩みや不安になったりしたら、SHEEコールセンター(0120-468-855)に相談してみましょう。

髪に対する悩みや不安になったりしたら、SHEEコールセンター(0120-468-855)に相談してみましょう

口コミの投稿をみて参考にするよりもっと安心できる材料がそこにはあります。「SHEE(シィー)」は専門機関の声から生まれたサプリメント・スカルプエッセンスなので、開発メンバーをはじめコールセンタースタッフは知識と経験が豊富なんです。不安や疑問があれば、お気軽にお問い合わせてみましょう。

 

SHEE(シィー)サプリメントの購入はこちら