デルメッドヘアエッセンスで抜け毛が減る?口コミから分かった新事実

デルメッド ヘアエッセンスは、女性特有の薄毛FAGA(女性男性型脱毛症)の原因である女性ホルモンの減少から起こる抜け毛・薄毛に直接働きかける成分CTPが含まれた育毛剤です。そのほかにも植物由来の美容成分やエイジングケア成分が含まれています。
そこで、それらの成分が本当に抜け毛・薄毛に効果があるのか実際に使ってみたレビューや口コミをまとめましたのでご紹介致します。


「デルメッド ヘアエッセンス」のポイントは5つ!
・毛母細胞を直接活性化する成分CTPを配合した新しい育毛剤
・美容・エイジングケア・育毛成分が配合されている
・抜け毛・薄毛に効果がある
・初めての方は50%オフの2,160円(税込)で購入できる
・顧客満足度91%と多くの女性が満足している

デルメッドヘアエッセンスで抜け毛が減る?口コミから分かった新事実

デルメッド ヘアエッセンスはどんな育毛剤

デルメッド ヘアエッセンスの特徴・効果をご紹介する前に抜け毛・薄毛の原因についてちょっとだけお話しをさせて下さいね。

抜け毛・薄毛の原因はいろいろありますが、その中でも女性ホルモン(エストロゲン)の減少が抜け毛・薄毛に大きく関わっています。この女性ホルモンは20歳をピークに年々減少をしていきます。40歳後半から50歳にかけてはご覧のとおり急激に減少をします。

女性ホルモン(エストロゲン)の減少が抜け毛・薄毛に大きく関わっている

抜け毛・薄毛など髪の毛で悩まれている女性の多くは年齢が40代というのも事実。だから、女性ホルモンの減少が原因とも考えられるんです(^^;

この女性ホルモンが年齢とともに減少すると、「髪の毛を作れ」という指示を出す物質BMP((Bone Morphogenic Protein(骨形成因子))も減少することが分かっています。

ですので、指示役のBMPが指示を出せなくなっているので髪を新たに作り出せなくなり薄毛になるという訳なんです。

「髪の毛を作れ」という指示を出す物質BMP((Bone Morphogenic Protein(骨形成因子))

そのBMPの減少に着目し、BMPを多く生み出せるように毛母細胞を直接活性化する成分CTPを配合したのがこのデルメッド ヘアエッセンスなんです。

この育毛成分CTPは、三省製薬株式会社によって発見・開発された成分で、安全性も高いと言われています。

育毛成分CTPは、三省製薬株式会社は発見・開発した成分で、安全性も高い成分

 

デルメッド ヘアエッセンスを開発した会社は、三省製薬株式会社という 化粧品成分の開発を行っているメーカーです。薬用美白化粧品の開発製造に日本で初めて成功した会社で、1960年の創業以来、肌に高い効果をもたらす成分の開発を続けています。
このデルメットも、三省製薬株式会社のオリジナルの化粧品ブランドで、その他にもシミ・シワをケアする化粧水や、ベースメイク・洗顔料・ボディケアまで幅広く研究・開発・製造・販売をしています。だから女性の肌や髪などのトラブル・悩みをどこよりも熟知しているので、効果が高い製品を作り出せるというわけなんです(^^♪

三省製薬株式会社

 

CTP以外にも、ホップ抽出液、マテ茶エキス、大麦発酵エキス・グリチルリチン酸ジカリウムなどの天然成分を含めて5種類の有効成分が入っています。ホップ抽出液は、発毛の促進と脱毛の抑制効果があると言われています。

デルメッド ヘアエッセンスの成分と効果はこのようになります。

効果 成分 評価
育毛成分 6-ベンジルアミノプリン・ホップ抽出液・オオムギ発酵エキス・dl-カンフル GOOD
エイジングケア成分 マテ茶エキス GOOD
美容成分 PG(プロピレングリコール)、POE硬化ヒマシ油 やや注意が必要
殺菌成分 グリチルリチン酸2K GOOD
防腐成分 サリチル酸 やや注意が必要
乳化成分 PEG-8・親油型オレイン酸グリセリル・水酸化Na・POEオレイルエーテル やや注意が必要

※6-ベンジルアミノプリンはCTPのことです。

こちらが、デルメッド ヘアエッセンスの全成分です。

6-ベンジルアミノプリン、グリチルリチン酸2K、サリチル酸、マテ茶エキス、オオムギ発酵エキス、ホップエキス、エタノール、dl-カンフル、メントール、親油型オレイン酸グリセリル、水酸化Na、PEG-8、PG、POEオレイルエーテル、POE硬化ヒマシ油、香料

 

ここで特に知っておきたい成分が3つあります。それは、サリチル酸・PEG-8・PGです。

この3つの成分は旧指定成分という、体質によってアレルギーなどの皮膚トラブルを起こす恐れのある成分として、厚生労働省に表示を義務付けられた成分です。

サリチル酸は、肌の雑菌の繁殖を防ぎ、角質を柔軟にする働きがあります。その為ニキビ化粧品やピーリング剤の成分として使用されています。ほかにも、医薬品・化粧品・食品などの防腐剤として使用されています。

また、PEG-8はポリエチレングリコールという合成ポリマーです。合成ポリマーの代表的なものにプラスチック・ナイロン・ポリエチレン・合成ゴムなどがあります。化粧品やシャンプーに配合される場合は乳化剤として利用されます。この合成ポリマーは、皮膜を作る力が非常に強いため、皮膚に膜を作って密閉してしまいます。育毛剤に配合された場合は、頭皮に膜を作って覆ってしまいます。そうなると皮膚に付着して身体を守っている良い菌が住みにくくなり増えなくなってしまうんです。この菌は紫外線や有害物質から人体を守っているので大切な働きをしているんです。また、合成ポリマーは、一度皮膚に付くとなかなか落とすのは難しいため強いクレンジングが必要となり肌トラブルの原因の一つにもなってしまいます。

 

PG(プロピレングリコール)は、酸化プロピレンから化学合成された保湿成分で無色透明の液体です。グリセリンよりサラッとした肌触りで水やアルコールに溶けやすい性質があります。保湿剤や抗菌剤として使用されています。そのため、化粧品や歯磨き粉、シャンプーのほか、食品添加物としても活躍しています。

どちらの成分も化粧品や歯磨き粉、シャンプーなどでよく使われている成分なので、そこまで心配はいらないかと思います。肌が炎症を起こすほど入っているわけでもありませんし、すぐに肌に害があるというわけではありません。過去にそれらの製品を使って合わなかった経験がない限りは、全く問題ないかと思います。

「デルメッドヘアエッセンスで抜け毛が減る?口コミから分かった新事実」の続きを読む…

女性の薄毛の原因と薄毛を減らして髪を増やす7つの改善ポイント

女性薄毛はヘアサイクルと大きく関係があります。
ヘアサイクルとは、髪の毛の寿命のことで我々の身体に成長期や衰退期があるように、髪にも成長期・退行期・休止期・前期成長期があります。
これらを繰り返して髪が抜け落ち新しい髪に生え替わります。
ヘアサイクルには加齢が大きく関係していて、ヘアサイクルが短いと薄毛の原因にもなってしまうんです。
ヘアサイクルを改善するには、日々のシャンプーや整髪、育毛剤など直接的なお手入れは髪の毛を増やすための基本的なヘアケアですが、そのほかにも生活習慣が髪の成長や育毛には大きな影響を与えます。
そこで今回は、髪の毛の抜け毛を減らして髪を増やす7つのポイントをご紹介致します。
女性の薄毛の原因と薄毛を減らして髪を増やす7つの改善ポイント

髪にはヘアサイクルという髪の毛の寿命がある

髪の毛にはヘアサイクルという髪の毛の寿命があります。
我々の身体にも成長期や衰退期があるように、髪にも成長期・退行期・休止期・前期成長期があり、それらを繰り返して抜け落ち新しい髪に生え替わります。

ヘアサイクル 髪には成長期・退行期・休止期・前期成長期というヘアサイクルがある

ヘアサイクルのうち最も長いのが成長期で2年から7年かけて毛母細胞が増殖を繰り返し髪に毛が伸びます。
この後、増殖が徐々に止まって数ヶ月で抜け落ちてしまいます。
毛母細胞が正常であれば古い髪が抜け落ちてもその毛穴からまた新しい髪の毛が生えてきますが、加齢やストレス・生活習慣の乱れなど何らかのトラブルが起こるとなかなか生えてこなくなります。また、生えてもサイクルが短くなりすぐ抜け落ちたりもします。

 

髪の成長は加齢や血行不良が原因で遅くなる

女性も男性と同じで加齢によって毛母細胞が弱まり分裂力は衰え、髪の毛の成長が遅くなります。
日本人は通常1ヶ月で約1cm、1年で約12cm伸びます。
女性は20歳が髪の成長のピークでその後は衰退していくと言われています。
髪の成長が遅くなる原因は加齢のほか、血行不良や栄養不足、自律神経の乱れなどがあります。
過度なダイエットは髪の毛の成長を妨げて抜け毛の原因にもなってしまうんですよ。
ダイエットをされている方は気をつけましょうね。
また、血行不良はせっかく摂取した栄養成分が毛根にある毛乳頭に運ばれなくなり栄養を吸収できなくなって髪の成長が遅くなります。
自律神経の乱れは、体の中の交感神経を活発にして、血管を収縮させ血液の流れを悪くしてしまうんです。
血液の流れが悪くなると摂取した栄養が毛根に届けられなくなるので髪の毛の成長を遅らせる原因になるんです。
ですのでバランスの良い食事をとって、ストレスをためずに過ごすことが髪の毛の成長にも良いんです(^^♪

 

ヘアサイクルを整えると薄毛を予防できる

髪のヘアサイクルは、まるので植物のように成長期・退行期・休止期・前期成長期を繰り返して抜け落ち新しい髪に生え替わります。
このヘアスタイルうち髪がもっとも成長する時期は、成長期で、2年から7年という長い年月をかけて髪の毛が伸びます。
何かの原因でこのヘアサイクルが乱れると髪が抜けるまでの期間が短くなったり、新しい髪が生えても成長する前に抜けてしまい、髪が産毛状にしか生えなくなります。
そしてこれを繰り返すうちにだんだんと毛が生えなくなっていくんです。
それが薄毛の原因になっているんですよ。
ですからまずはヘアスタイルを整えて正常なサイクルに戻してあげることが大切なんです。

 

ヘアサイクルを正常に戻し薄毛を予防する7つの改善ポイント

良質な睡眠は薄毛予防に欠かせない

良質な睡眠をとる

髪の成長に欠かせない成長ホルモンは、就眠後30分から1時間後に表れる徐波睡眠の時に多く分泌されます。
ですので成長ホルモンを多く分泌させるためには良質な睡眠をとるようにしましょう。
また、睡眠はストレスや不安を解消したり、脳や身体の疲れを取り除いてくれます。
心も身体も健康であることが髪の毛には良いのです。

 

ストレスをためない

ストレスは自律神経や女性ホルモンバランスの乱れを引き起こし脱毛症の原因になります。
自律神経の乱れによって、体の中の交感神経が活発に働きます。
それにより、血管が収縮して血液の流れが悪くなり摂取した大切な栄養が毛根に届けられなくなるからです。
ストレスを発散できる趣味を持ったり、適度な運動をしてストレスを解消してみましょう。

 

お酒の飲み過ぎに要注意

お酒の飲み過ぎの要注意です。
というのも、摂取したアルコールは肝臓で分解されるのですが、その際にシステインやメチオニンといったアミノ酸が消費されます。
この2つのアミノ酸は髪の毛の原料にもなるもので、それがアルコールの分解に回されてしまうことで髪の毛が作られるヘアサイクルが乱れてしまうんです。
適度なお酒は良いですが髪の毛のためにも過度なお酒には注意しましょう。

 

タバコは吸いすぎない

タバコの煙に含まれているニコチンは末梢血管の血流を低下させてしまいます。
頭皮の血流が悪くなると髪を作る毛母細胞が酸素や栄養を取り込みにくくなってしまい薄毛の原因になってしまうんです。
できれば禁煙が望ましいのですがまずは本数を減らしましょう。

 

コレステロール値を上げない

コレステロール値が高いと健康に悪い事は知っていますよね。
実は、薄毛にもつながると言う調査結果が出ています。
これは頭皮の血行不良を引き起こすためだと考えられています。
コレステロールは本来、脂質を体の中に運ぶ大事な役割をもっているのですが、コレステロール値が高いと血液中に余ってしまい、血管の壁に沈着してしまいます。
血液中にどんどんコレステロールが溜まると血液の流れが悪くなります。
そのため、頭皮や髪にも栄養が十分に届かなくなり、抜け毛や薄毛の原因になってしまうんです。
肉に偏った脂っこい食事は避けてバランスの良い食事を心がけましょう。

 

髪を洗うのは1日1回

毛根の細胞を健康に保つためには頭皮に脂が多すぎても乾燥しすぎてもいけません。
洗髪は1日1回が基本です。
が、頭皮の状態は体質や環境によって異なるので2日に一回や1日2回など自分に合う頻度でおこないましょう。
ただ、髪の表面を傷めないのは1日1回です。
髪を擦り合わせる洗髪は表面のキューティクルを傷つけることにつながります。
髪へのダメージを少なくするには1日1回ほどの頻度がよいでしょう。
強い力で洗うのではなく優しくゆっくりと洗うことが大切です。

 

バランスの良い食事を摂る

偏った食生活や無理なダイエットは薄毛や抜け毛の原因になります。
なぜなら、十分な栄養を毛根に届けることができないからです。
髪の毛は毛根にある毛乳頭から摂取した栄養をとり、髪が育てられていきます。
十分な栄養が届けられない髪の毛は成長できないんです。
野菜類や豆類、ごま、ナッツ類、キノコ類、海藻類を積極的に摂取するようにしましょう。
野菜類は、ビタミンが豊富で、特にほうれん草やピーマンなどの緑黄色野菜にはビタミンA、ビタミンCが多く含まれています。
また、豆類は、髪の主成分であるタンパク質に加え鉄・亜鉛などのミネラルやビタミンも豊富に含まれています。

 魚類 タンパク質やビタミンE・亜鉛・鉄分など髪に良いとされる成分をバランスよく含んでいます。
 ごま・ナッツ類 ゴマに含まれるリグナンには抗酸化作用があります。また、ナッツ類は髪の生成に必要な亜鉛を多く含んでいます。
 キノコ類 タンパク質の代謝を助けるビタミンB2や毛母細胞を活性化させると言うビタミンDを含んでいます。
 海藻類 不足しがちな食物線維やミネラルを多く取れる食材で、昆布はヨウ素を豊富に含んでいます。

 

長春毛精(ちょうしゅんもうせい)は元宝塚歌劇団月組の遼河はるひさんもオススメする女性用育毛剤

 

 

グローリンギガの成分にこんな物が入っていた!副作用の心配はない?

220万本を売り上げた大人気商品「グローリン・ギガ」は、1本820円(税抜)と安くて育毛できると女性の間でも大評判。
厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されている医薬部外品だから育毛や薄毛、脱毛予防に効果があるんです。
でも1本820円(税抜)と安いのどうしてそんなに効果があるのでしょうか。
そこでグローリン・ギガの成分が気になったので成分や副作用について調べてみましたのでご紹介致します。
グローリンギガの成分にこんな物が入っていた!副作用の心配はない?

成分にはどんなものが含まれている?

グローリン・ギガにはこのような成分が含まれています。

 成分 【有効成分】グリチルリチン酸ジカリウム、センブリエキス
【その他の成分】アロエエキス、海藻エキス、カモミラエキス、ヒアルロン酸ナトリウム、オウゴンエキス、カンフル、トウガラシエキス、ニンニクエキス、トコフェロール、メントール、ニンジンエキス、精製水など

グローリン・ギガには2つの有効成分が含まれています。
この有効成分とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分のことです。
この成分が一定の濃度以上で配合されていると医薬部外品になります。
では、その他の成分は効果がないかと言うとそんなことはありません。
もちろん、きちんと効果がある成分ばかりです。

グローリン・ギガには2つの有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」と「センブリエキス」が含まれています。
グリチルリチン酸ジカリウムは、漢方の原料としても知られる甘草(カンゾウ)から抽出した天然の成分で、殺菌作用や抗炎症作用があり、頭皮に付着した雑菌の繁殖を抑えてくれるので抜け毛の予防にもります。しかも頭皮を清潔に保ってくれるのでフケやかゆみにも効果があるんです。
また、センブリエキスもリンドウ科の植物センブリから抽出した成分で、頭皮の血行促進や抗酸化作用の働きがあります。

実は育毛と血行促進は大きな関係があります。
というのは、摂取した栄養成分は毛母細胞の毛乳頭に運ばれるのですが、その運搬してくれるのが血液なんです。
だからいくら育毛に良い食べ物を食べても血液の流れが悪いとその栄養成分を届けられなくなるんです。
ですので、頭皮の血行を良くすることはとても大切なんです。

 

それらの成分を詳しくまとめてみましたのでご紹介致します。

各成分についてどんな効能があるのか調べてみた

グローリン・ギガの各成分についてどのように作られてどんな効能があるのかをご紹介致します。

 グリチルリチン酸ジカリウムは、漢方の原料としても知られる甘草(カンゾウ)から抽出した天然の成分です。抗アレルギー薬や風邪薬などに広く用いられています。頭皮への刺激も少なく、殺菌作用や抗炎症作用があり、しかも頭皮の奥まで浸透していくことが可能な成分です。雑菌の繁殖を抑えてくれるので抜け毛の予防になります。しかも、頭皮を清潔に保つことができるのでフケやかゆみなどにも効果があるんです。

グリチルリチン酸ジカリウム

 

 センブリエキスは、漢字では「千振」と書きます。リンドウ科の植物センブリから抽出した成分で、胃腸薬としても広く使用されています。千振(センブリ)という名は、「千回煎じても苦みが消えないほど強い苦み」からその名前がつきました。効能には、じんましんや月経を和らげる薬としても用いられたり、育毛に必要な血行促進の効果もがあります。

センブリエキス

 

 アロエエキスは、アロエベラの葉から抽出されたエキスです。
肌の潤いを保つ働きや肌を引き締めるなどの効果があり、多くの化粧品などにも使われています。また、サプリメントなどの健康食品にも配合されたり、胃腸の調子を整える効果や美肌を導く効果があると期待されています。

アロエエキス

 

 海藻エキスは、食用の海藻の成分を抽出したもので、ビタミンやミネラルを豊富に含み、食物繊維の一種であるアルギン酸やヨウ素を大量に含んでいます。

 

 カモミラエキスは、カミツレ葉(カモミール)から抽出される成分で抗炎症作用や抗酸化作用の他、保湿、血行促進効果があります。

 

 ヒアルロン酸は高い保水力で頭皮に潤いを与えてくれます。
このヒアルロン酸は、もともと人の体の多くの組織に含まれている成分で細胞同士を結びつけたり、高い保水力で体の機能を円滑にする効果があります。
1グラムで約6リットルもの水を貯える高い保水性が特徴です。人体の約60%は水分から構成されていますのでヒアルロン酸がいかに私たちになくてはならない大切な存在であるかがわかります。ヒアルロン酸は肌の表面の下にある真皮という部分にたくさん含まれていて、これが不足してくると肌にハリがなくなったり乾燥しがちになります。肌の保湿性や粘弾性の維持、肌のシワやたるみの予防にヒアルロン酸は欠かせない成分です。

 

 オウゴンエキスは、シソ科コガネバナの根の周皮を除き、乾燥したものです。効能は、抗菌作用、解熱、利尿、抗アレルギー、解毒作用、肝機能の活性化などです。

 

副作用の心配がある?

グローリン・ギガの多くの成分は自然の植物から抽出していますので体に優しい成分となっています。

また、有効成分である「グリチルリチン酸ジカリウム」と「センブリエキス」は厚生労働省が許可した成分ですので安心ができます。
グリチルリチン酸ジカリウムは、漢方の原料としても知られる甘草(カンゾウ)から抽出した天然の成分で、抗アレルギー薬や風邪薬などにも用いられています。
また、センブリエキスのセンブリは、リンドウ科の植物センブリから抽出した成分で胃腸薬に使用にも使用されるほどです。
アロエエキスは、アロエベラの葉から抽出されたエキスですし、海藻エキスも食用の海藻の成分から抽出しています。
ですので、通常はお薬のような副作用はありません。
ただし、体質や体調などによって、まれに身体に合わない場合があります。
特に敏感な方や食品アレルギーのある方は、事前に成分や注意事項をご確認ください。
また、初めてお飲みになる場合には少量から様子を見ながら試されることをお勧めします。

 

グローリン・ギガのまとめ!

今回は、「グローリンギガの成分にこんな物が入っていた!副作用の心配はない?」との内容でこれからグローリン・ギガを購入される方に成分やその効能・副作用にについてご紹介をさせて頂きました。


育毛剤「グローリン・ギガ」のまとめ
 グローリン・ギガは220万本を売り上げている大人気の育毛剤。
 グローリン・ギガは女性も安心して使用できる育毛剤で、薄毛や抜け毛、フケ、痒みが気になる方にオススメ。
 グローリン・ギガは2つの有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」と「センブリエキス」が含まれている医薬部外品。
 グローリン・ギガの多くの成分は、甘草(カンゾウ)やセンブリ、アロエ、海藻など自然の植物から抽出していますので体に優しい成分となっている。
 自然の成分からできているグローリン・ギガは通常はお薬のような副作用はありません。が、体質や体調などによって、まれに身体に合わない場合があります。 特に敏感な方や食品アレルギーのある方は、事前に成分や注意事項をご確認ください。また、初めてお飲みになる場合には少量から様子を見ながら試されることをお勧めします。

 

グローリン・ギガの最安値を知りたい方はこちら