20代、30代は「乾燥・ぱさつき」、「傷み」、「クセ・うねり」が髪の毛の悩みの上位です

20代~50代の髪の毛の悩み1位は乾燥・パサつき、2位は白髪、3位はクセ・うねり

女性の悩みが多い部位として、1位の肌悩みに次いで多いのが髪の毛です。
顔にシワやシミがあるだけで印象がコロッと変わりますが、髪の毛も肌に負けず印象を大きく変える部位でもあります。
たとえば、白髪が多かったり、髪にボリュームが無いだけで老けた印象を与えます。また、ツヤやハリ・コシがなくまとまりが悪い髪の毛は、貧弱そうに見えてしまいます。
20代、30代の女性の髪の毛の悩み1位は、「乾燥・パサつき」なんです。
それに対して、40代、50代では白髪がダントツの1位なんですよ。
意外だったのが10位の薄毛なんです。
というのも、個人的には薄毛はTOP 5に入ると思っていました・・・。
なぜなら、最近、若い方でも分け目が薄くなって来ている方をよく見かけるからなんです。
だから意外と悩んでいる方が少ないんだぁってビックリしたんです。
それら髪の毛の悩みTOP 10をまとめてみましたのでご紹介致します。

 1位 乾燥・パサつき
 2位 白髪
 3位 クセ・うねり
 4位 傷み
 5位 抜け毛
 6位 枝毛・切れ毛
 7位 ボリュームが無い
 8位 ハリ・コシが無い
 9位 からむ
 10位 薄毛

FAGAに悩む女性が治療できる病院・クリックを123院ご紹介!

FAGA(女性男性型脱毛症)に悩む女性が治療できる病院クリックをご紹介致します。全国に展開していたり、テレビ・雑誌などのメディアで有名な病院・クリックもご紹介。その数なんと!123院をご紹介致します。ロケーションや連絡先も掲載しておりますので、無料カウンセリングなどのご訪問にお役立て下さいね。

なかでも、東京ビューティークリニックはイチオシです。なぜなら、内服薬・外用薬のほか、Dr’sメソ・FAGA幹細胞再生治療といった最先端の発毛治療を行っているからです。料金も相場よりやや安いです。しかも!全国に女性薄毛専門クリニックが50以上もあり、これまで50万人以上もの実績があるので安心して毛髪治療を受けられます。また、東京・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡には女性専用のクリニックがあり、男性とも会うことなくFAGA治療をすることができます。

東京ビューティークリニック

  特徴
東京ビューティークリニック

テレビCMでお馴染みの東京ビューティークリニックです。現在はイメージキャラクターとして大久保佳代子さんを起用しています。その東京ビューティークリニックは、全国に女性薄毛専門クリニックが50以上もあり、これまで50万人以上もの実績があります。

東京ビューティークリニックは、医薬品の育毛成分としても認められているミノキシジル(毛細血管を拡張する成分)と成長因子をバランスよく配合したオリジナル発毛薬で発毛治療を行います。

東京・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡には女性専用のクリニックがあり、男性とも会うことなくFAGA治療をすることができます。

発毛治療には、内服薬・外用薬のほか、Dr’sメソ・FAGA幹細胞再生治療といった最先端の発毛治療もあります。Dr’sメソは、ミノキシジルと成長因子を配合したオリジナル発毛薬を頭皮に直接補充する発毛治療法です。また、FAGA幹細胞再生治療は、人の細胞を作る幹細胞を培養する際に幹細胞から排出される幹細胞成長因子を用いた発毛治療法です。

東京ビューティークリニックのモニターやキャンペーン情報はこちら

治療法 診察料金
カウンセリング 無料
初期費用 5,000円 ※治療を開始される方は無料
検査費 20,000円 ※治療を開始される方は無料
パトンガール(内服薬) 5,000円(1ヶ月分)※初回のみ
リバースレディ(内服薬+外用薬) タブレット14,000円~21,000円(1ヶ月分)
リキッド14,000円(1ヶ月分)
Dr’sメソ(FAGAメソセラピー)  1回(2cc) 50,000円、1回(4cc) 70,000円
FAGA幹細胞再生治療 1回(2cc) 60,000円、1回(4cc) 80,000円
公式サイト https://www.tokyobeauty.jp/

※上記価格はすべて税別価格です。

東京ビューティークリーンの女性専用クリニックをご紹介致します。営業時間内はすべて予約制になっておりますのでご注意下さい。

医院名 住所 営業時間
銀座店 〒104-0061 東京都中央区銀座4-3-9 クイーンズハウス8F 10:00~23:00 
渋谷院 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-14-15 森ビル5F 10:00~23:00
新宿アイランドタワー院 〒163-1303 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー3F 10:00~22:00
横浜院 〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2-8-12 松山ビル4F 10:00~23:00
大宮院 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-1-26 石井畜産ビル6F 10:00~21:00
札幌院 〒060-0004 北海道札幌市中央区北四条西2-1-1 カメイ札幌駅前ビル3F 10:00~19:00
名古屋院 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-2-9 名駅クリスタルビル6F 10:00~19:00
大阪 梅田院 〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田2-1-21 高橋ビル6F 10:00~19:00
大阪 心斎橋院 〒542-0085 大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-7-18 プライムスクエア心斎橋8F 10:00~19:00
福岡院 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-12-5 アペゼビル4F 10:00~19:00

「FAGAに悩む女性が治療できる病院・クリックを123院ご紹介!」の続きを読む…

キャピキシルが配合された女性用育毛剤はコレ!

キャピキシル(CAPIXYL)とはカナダの製薬会社、「LUCAS MEYER COSMETICS社」が開発した発毛成分で、 発毛医薬品として認可されているミノキシジルの3倍もの発毛効果があると言われています。

このキャピキシルは、アセチルテトラペプチド3とアカツメクサ花エキスから構成されており、脱毛ホルモンを生成する5αリダクターゼの働きを抑制することで、抜け毛を防ぎます。また、髪の元となる毛母細胞を活発化させる効果があるため発毛促進の働きもあります。

そんなキャピキシルが配合された女性育毛剤をご紹介致します。

キャピキシル(CAPIXYL)

キャピキシルとは!?

キャピキシル(CAPIXYL)とは、カナダの製薬会社、「LUCAS MEYER COSMETICS社(ルーカス・マイヤー・コスメティクス社)」が開発した発毛成分で、アセチルテトラペプチド3とアカツメクサ花エキスから構成されています。
※LUCAS MEYER COSMETICS社(http://www.lucasmeyercosmetics.com)

このアカツメクサ花エキスはハーブの一種です。女性ホルモンとよく似た働きをするイソフラボンの「ビオカニンA」が含まれていて高い脱毛予防効果があり、薄毛・抜け毛の原因に関係している、5αリダクターゼの抑制します。

この5αリダクターゼとは、酵素の一つで、男性ホルモン「テストステロン」と結合することにより脱毛分子DHT(ジヒドロテストステロン)となります。ですので、この酵素「5αリダクターゼ」を抑制することができれば脱毛も予防できるというわけなんです。男性ホルモン「テストステロン」は男性だけが持つものではなく、女性もこのテストステロンを副腎や卵巣で分泌しています。血中テストステロン値で比べると、男性の5~10%と言われています(健常成人の場合)。

ご存知のとおり大豆をはじめ、豆腐・きな粉にもイソフラボンが多く含まれていて、多くの日本人が愛食されています。ですので、アカツメクサ花エキスを頭皮に塗布しても問題はありません。

キャピキシルを開発したカナダの製薬会社「LUCAS MEYER COSMETICS社」もご覧のとおり副作用が無いことを公表しております。

キャピキシルを開発したカナダの製薬会社「LUCAS MEYER COSMETICS社」が副作用が無いと公表している文献

上の画像の赤い下線を抜粋し、日本語に翻訳するとこのようになります。

Clinical tests demonstrate its effectiveness in increasing the hair density by 46% in addition to being more effective on hair growth than the reference product on the market and without causing side effects.

臨床試験は、市場の標準製品よりも副作用を引き起こすことなく、毛髪の成長に対してより効果的で、かつ、毛髪密度を46%も増加させることを実証しています。
出典元:http://www.lucasmeyercosmetics.com.

 

一方のアセチルテトラペプチド3は、4つのアミノ酸を骨格として3つのペプチドと結合しているペプチド化合物で、高い細胞修復能力を持った成分です。ちなみに、ペプチドとはアミノ酸が複数個結合したもので、数万個~数十万個結合するとタンパク質となります。

アセチルテトラペプチド3とアカツメクサ花エキスの特徴と効果をご紹介致します。

アセチルテトラペプチド-3 アセチルテトラペプチド-3は、人工的に合成されたアミノ酸分子からなる極めて強力な細胞修復能力を持った成分です。たとえばケガ・火傷・炎症などの回復を促す効果があります。ケガがいつの間にかかさぶたになって治っているというのも壊れた細胞が元に戻るからなんです。それを頭皮につかう事で、毛包(もうほう)周辺の細胞に働きかけ育毛を促進する作用があります。毛包とは毛根を包みこんで保護し成長の通路となる組織のことです。
アカツメクサ花エキス アカツメクサ花エキスは脱毛を予防する成分です。このアカツメクサ花エキスには「ビオカニンA」というイソフラボンが含まれていて、女性ホルモンとよく似た働きをします。そのため男性ホルモンの生成を抑え脱毛に効果があります。アカツメクサ花エキスに含まれるイソフラボンの量は、大豆の10倍~20倍とも言われており、頭皮への吸収力も高いのも特徴です。脱毛の予防成分の王様と言えるでしょう。

 

その結果、発毛医薬品として認可されているミノキシジルの3倍もの発毛効果があると言われています。こちらがミノキシジルと発毛効果を比較したグラフです。

キャピキシルとミノキシジルの発毛効果の実験をしたグラフ
※http://www.hatumou-life.com/wp-content/uploads/capixyl_kanzen.pdfより引用

 

キャピキシルが配合された女性用育毛剤

キャピキシルが配合された女性用育毛剤をご紹介致します。もちろん、女性が安心して使用できる育毛剤です。

  女性使用可 内容量(約1ヶ月分) キャピキシル配合率

フィンジア
フィンジア

女性も使用可能

50ml

5%

ザスカルプ5.0C
ザスカルプ5.0C

 

女性も使用可能

 

80ml

5%

バイタルウェーブスカルプローション
バイタルウェーブスカルプローション

女性も使用可能

60ml

7%

ボストンスカルプエッセンス
ボストンスカルプエッセンス

女性も使用可能

60ml

5%

Deeper3D
Deeper3D

女性も使用可能

60ml

5%

プラシエナ
プラシエナ

女性も使用可能

60ml

5%

 

販売価格(税込)で比較してみましたのでご覧ください。

  都度購入(単品) 定期購入(単品) 3本まとめ買い  定期解約条件 全額返金保証

フィンジア
フィンジア

12,800円 9,980円 34,800円 ナシ 30日

ザスカルプ5.0C
ザスカルプ5.0C

15,000円 初回4,800円、2回目以降10,000円(注1) 販売ナシ 最低4回の受取り 60日

バイタルウェーブスカルプローション
バイタルウェーブスカルプローション

11,800円 初回8,200円、3回目以降8,080円 25,200円 ナシ 30日

ボストンスカルプエッセンス
ボストンスカルプエッセンス

10,584円 初回4,980円、2回目以降8,800円 販売ナシ 最低3回の受取り 45日(定期購入は対象外)

Deeper3D
Deeper3D

14,100円 販売ナシ 37,860円 14日(未開封に限る)(注2)

プラシエナ
プラシエナ

9,720円 初回5,500円、2回目以降7,300円 販売ナシ 最低2回の受取り ナシ

(注1)ザスカルプ5.0C 4回目以降9,500円(税込)、8回目以降9,000円(税込)、12回目8,500円(税込)と回数を重ねるごとに安くなります。
(注2)Deeper3D 同封している10mlのボトルをお試し頂いて継続使用が困難であると判断された時のみ購入金額を返金します。

 

フィンジア

フィンジア

フィンジアには、キャピキシルのほかに、今注目されている発毛成分「ピディオキシジル」が含まれた育毛剤です。ピディオキシジルは、成長に必要な栄養を摂取することによって弱い毛包細胞を回復させ、また、毛根に働きかけることで、髪の成長とボリュームを増します。また、ピディオキシジルは、血流を介して健康な頭皮と美しい髪の毛を作る毛根に作用します。

そのほかにも、頭皮の血流を改善する効果があるセンブリエキスや、育毛作用・白髪抑制作用があるこビワ葉・フユボダイジュ花など植物由来の育毛成分や美容成分が含まれているので育毛が期待できます。

定期購入では、1回あたり1万円を切る価格で、30日間全額返金保証が付いています。ですので、肌に不安がある方でも安心して購入することができます。しかも!定期購入には解約条件がありませんので、1回のお試しとしても好評です。

 

キャピキシルが配合された女性用育毛剤「フィンジア」の購入はこちら

 

ザスカルプ5.0C

ザスカルプ5.0C
ザスカルプ5.0Cは、2018年12月にリニューアルし、キャピキシル・発酵熟成プラセンタエキスのほかに、リデンシル・ピディオキシジル・ヒト幹細胞培養液が新たに追加されました。

リデンシルは、ミノキシジルの2倍の育毛効果あると言われており、薄毛で悩む多くの女性や男性から注目されている成分です。また、リデンシルは、セイヨウアカマツ球果エキス・チャ葉エキス・グリシン・ピロ亜硫酸Na・塩化亜鉛から構成される成分のため副作用の心配がありません。

ヒト幹細胞培養液とは、細胞から取り出された幹細胞が培養の際に分泌する分泌液のことで、その中には、有用性のある様々な物質を含んでいると言われます。ちなみに、この幹細胞とは、我々人間の組織や臓器になる前の「もと」となる細胞のことです。たとえば、心臓を動かしたり、腎臓で血液をきれいにしたりする組織のもととなる細胞がこの幹細胞です。

そのほかにも医薬部外品の有効成分グリチルリチン酸2Kや、頭皮の血流を改善する効果があるセンブリエキス、バルジ領域を活性化し、髪の毛を作る毛母細胞のもととなる毛包幹細胞を生成するように働きかけるオクタペプチド-2なども含まれています。

界面活性剤・香料・合成着色料・シリコン・鉱物油・紫外線吸収剤・酸化防止剤の添加物は未使用です。

 

バイタルウェーブスカルプローション

バイタルウェーブスカルプローション
キャピキシルの配合率が7%と、どの育毛剤よりも多くキャピキシルが配合されています。そのほかにも、発毛成分のリデンシルや脱毛を抑止するノコギリヤシ、美容成分のEGF・FGF・IGF・馬プラセンタ・ガゴメ昆布フコイダンなどが含まれています。ですので、バイタルウェーブスカルプローションは、脱毛を抑止しながら発毛させ、美容成分で頭皮環境を整える育毛剤です。

ノコギリヤシとは、米国東部を原産地とするヤシ科の植物で、その果実から絞り出されたエキスです。もともとは、前立腺肥大に効果が期待される成分でしたが、最近の研究では、脱毛の原因である5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する働きを持っているとされています。

また、EGFは、Epidermal Growth Factorの略で、日本語では上皮成長因子と呼ばれます。人間が本来持っているタンパク質の一種で、53個のアミノ酸から形成されていて、肌を整える役割を担っている成分です。※化粧品成分表示名称は、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1です。

FGFは、Fibroblast growth factorsの略で、日本語では線維芽細胞成長因子と呼ばれ、真皮にある線維芽細胞と言うコラーゲンを作り出す細胞に働きかけ、細胞の成長と増殖を促す働きがあります。

さらに!合成香料・合成ポリマー・合成着色料・シリコン・パラベン・鉱物油・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤の添加物が未使用なので敏感肌の方でも安心して使用することができます。

 

ボストンスカルプエッセンス

ボストンスカルプエッセンス
ボストンスカルプエッセンスには、キャピキシルのほかに、今注目されている発毛成分「ピディオキシジル」が含まれた育毛剤です。ピディオキシジルは、成長に必要な栄養を摂取することによって弱い毛包細胞を回復させ、また、毛根に働きかけることで、髪の成長とボリュームを増します。また、ピディオキシジルは、血流を介して健康な頭皮と美しい髪の毛を作る毛根に作用します。

そのほかにも、フラーレンが配合されています。このフラーレンは、ノーベル化学賞を受賞したことで有名な成分で、肌に発生した活性酸素をパワフルな抗酸化力で消去・無害化して取除き、美肌に導きます。フラーレンの抗酸化力はビタミンCの250倍以上と、かなり強力なんです。フラーレン以外の抗酸化成分は紫外線に弱く、肌の代わりに自分が酸化し変質するため抗酸化力が失われやすい欠点がありますが、フラーレンは独自の構造により、自分を変えることなく周りの活性酸素をどんどん吸収します。その吸収力は長時間衰えず、肌細胞から活性酸素だけを安全に取除きます。だからフラーレンは頭皮環境を正常化する美容成分なんです。

しかも!オレアノール酸という成分が脱毛の原因でもある5αリダクターゼという酵素を阻害する働きがあり、そのため、脱毛を抑止することが期待できます。

ボストンスカルプエッセンスは、顧客満足度が94.6%で多くの方から満足を得ています。シリーズ累計40万本もの売り上げを突破している大人気育毛剤です。購入方法には都度購入と、定期購入があります。定期購入は初回がなんと!4,980円と非常にリーズナブルです。ただし、返金保証が付いていませんのでご購入時は注意下さい。都度購入には返金保証が付いています。

 

Deeper3D

Deeper3D

Deeper3Dは、キャピキシル以外に、、ミノキシジルの2倍の育毛効果あると言われているリデンシルが5%も配合されています。そのほかにも8種類にもおよぶ成長因子、ヒトオリゴペプチド-5(FGF-7)・合成遺伝子粗換ヒトポリペプチド-31、プラセンタエキス・オクタペプチド-2、アセチルデカペプチド-3、ヒトオリゴペプチド-13、加水分解アナツバメ巣エキス、水溶性プロテオグリカンが含まれています。

定期販売は無く、都度購入か、3本のまとめ買いになります。初めて購入する方には、「お試しミニボトル約10回分」と浸透力をアップする「バリアスルーお試しミニボトル約5回分」がプレゼントでもらえます。初めてご購入の方は、Deeper3Dのお試しミニボトル(約10回分)からお使い下さい。というのも、万が一、肌に合わなくて全額返金をお願いする場合、商品が未開封に限られるからです。ですので、まずはミニボトルで肌トラブルが無いかお確かめのうえ、Deeper3Dをお使い下さい。

 

プラシエナ

プラシエナ

プラシエナは、キャピキシル3%配合した育毛剤です。今回ご紹介をさせていただいた育毛剤のなかで配合率が一番低いです(^^; ただ、女性ホルモンと類似作用がある成分プエラリアミリフィカが配合されているので発毛効果が期待できます。そのほかにも、豊富なアミノ酸・タンパク質・ビタミンなどを含んだプラセンタエキスや、高い抗酸化作用があるリンゴ幹細胞などが含まれています。また、無香料・無着色・ノンアルコールなので敏感の方でも安心してご使用頂けます。

価格では、6つの育毛剤の中で最安値です。ただ、さきほども申し上げたとおり、キャピキシルが3%しか入っていないことと、成長因子成分が少ない点がマイナスと言えます。しかも!最低2回の受取りが定期購入の解約条件でもあるので購入には検討が必用な育毛剤です。

 

フィンジアは効かない!?効果の真実と副作用を詳しく解説

フィンジアは、今注目されている発毛成分「ピディオキシジル」と「キャピキシル」が含まれた男女兼用の育毛剤です。ピディオキシジルは、その分子構造がミノキシジルに近いことから、同様の効果が期待されている育毛成分です。

また、キャピキシルは、脱毛ホルモンを生成する5αリダクターゼの働きを抑制することで、抜け毛を防ぐ効果が期待される成分です。

そんなフィンジアの効果についてより具体的にご紹介致します。また、気になる副作用についても解説しておりますのでご覧ください。
育毛剤「フィンジア」を購入して実際に使用してみた

副作用

塗布する育毛剤や、服用するサプリメントで心配になるのがやはり副作用です。フィンジアも頭皮に塗布する育毛剤ですので、痒み・腫れなど肌トラブルを起こさないか、また、さらに脱毛しないか気になるところです。
そこで、フィンジアの副作用についてご説明をいたしますね。

フィンジアには、今注目されている発毛成分「ピディオキシジル」と「キャピキシル」が含まれています。

この発毛成分「ピディオキシジル」は、その分子構造がミノキシジルに近いことから、ミノキシジルと同様の効果が期待されています。

ちなみに、ミノキシジルとは、水谷豊さんがテレビCMをしている医薬品の育毛剤「リアップ」に含まれている発毛成分です。ですので、ミノキシジルは国からもその効果が認められた育毛成分ということなんです。そのミノキシジルに似ていることからピディオキシジルが、発毛に期待されているんです。

ピディオキシジルは、冒頭で説明したとおりミノキシジルと構造が非常に似ています。ただ、このミノキシジルには、副作用があることが分かっています。また、頭皮への吸収効率が悪いこともあげられます。それらの欠点を改善した成分として近年注目をされているのがこのピディオキシジルなんです。

ピディオキシジルは、スカルプDボーテの眉毛美容液などにも配合されており、体の部分でも特に皮膚が薄い部分に使用されています。また、目の粘膜にもつながる非常にデリケートな部分にも使用されていることから副作用の心配が少ないことが伺えます。

一方のキャピキシルは、「アカツメクサエキス」と「アセチルテトラペプチド3」で構成されています。このアカツメクサエキスは、ハーブの一種で女性ホルモンとよく似た働きをする、イソフラボンという成分が含まれています。このイソフラボンには、薄毛・抜け毛の原因に関係している、5αリダクターゼの抑制効果があります。ご存知のとおり大豆にもイソフラボンが多く含まれていて、日本人なら食べた方が無いほど愛食されています。また、アセチルテトラペプチド3もアミノ酸からできた細胞修復能力を持った成分です。なので、頭皮に塗布しても問題はありません。

キャピキシルを開発したカナダの製薬会社「LUCAS MEYER COSMETICS社」もこのとおり副作用が無いと言っています。

キャピキシルを開発したカナダの製薬会社「LUCAS MEYER COSMETICS社」が副作用が無いと公表している文献

上の画像の赤い下線を抜粋し日本語に翻訳するとこのようになります。

Clinical tests demonstrate its effectiveness in increasing the hair density by 46% in addition to being more effective on hair growth than the reference product on the market and without causing side effects.

臨床試験は、市場の標準製品よりも副作用を引き起こすことなく、毛髪の成長に対してより効果的で、かつ、毛髪密度を46%も増加させることを実証しています。
出典元:http://www.lucasmeyercosmetics.com.

そのほかに気になる成分「カプサイシン」が含まれています。このカプサイシンは唐辛子やハバネロなどに含まれている辛味成分で、食べると体が熱くなったり発汗があらわれたりします。日本では1日の摂取量の上限は決められていませんが農林水産省のホームページではカプサイシンについての健康影響が記載されています。

また、ドイツ連邦リスク評価研究所が公表しているリスク評価では、胃の細胞に影響を与えない量は8.3 mg/kgとしています。成人男性70kgであれば581mgです。フィンジアに含まれるカプサイシンはどの程度配合されているか公表されていませんがこれだけの量を配合しているとヒリヒリして使えるものではありません。ですので頭皮に影響を与えないごくわずかな量しか配合されていないことが推測されます。
出典元:http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/capsaicin/syousai/

そのほかにも、センブリエキス・ビワ葉・フユボダイジュ花・フユボダイジュ花・ボタン(牡丹)・パンテノール・褐藻(かっそう)・グリチルリチン酸2K・キハダ樹皮・ヒオウギ・ヒキオコシも含まれていますが植物由来の成分であったり、シャンプーや育毛剤・化粧品でも使用されている成分なので安全性が高いといえます。

効かないのは嘘!

フィンジアには、冒頭でご説明をした今注目の発毛成分「ピディオキシジル」と「キャピキシル」が含まれています。しかも!男性だけではなく、女性のFAGA(女性男性型脱毛症)にも効果があります。これらの成分が発毛に効かないというのは嘘であるということを臨床実験の文献からご紹介を致します。もちろん、効果は個人差がありますので全員に効くことではありません。

どのくらい効果があるか、ピディオキシジルからご説明致しますね。

繰り返しになりますが、ピディオキシジルは、その分子構造がミノキシジルに近いことから、同様の効果が期待されている育毛成分です。ちなみに、ミノキシジルとは、発毛や育毛を促進する成分です。もともとは、血管を拡張する薬でしたが高い発毛効果が見られるため頭髪用に再研究されて誕生しました。医薬品として直接的な発毛効果が認められています。水谷豊さんがテレビCMしている育毛剤「リアップ」にミノキシジルが使用されています。

こちらがミノキシジルとピディオキシジルの分子構造です。たいへんよく似ています。赤い丸で囲んだところだけが違います。

ミノキシジルとピディオキシジルの分子構造を酷似している

ただし、ピディオキシジルはミノキシジルと違って、医薬品・医薬部外品のどちらでもありません。だからといって効果がないかというとそうではありません。というのも毛包細胞を活性化させてヘアサイクルを整える効果があると言われているからです。

こちらはインドのKumar Organic Products Ltdという会社がピディオキシジルの実験をした文献の一部です。そこには、毛包細胞を回復させて、髪を成長させる働きがあると示されています。

KOPYRROL recovers weak follicle cells by supplying the nutrition which hair needed for growth and increase the growth of hair and increases the volume of hair in the growth stage by working on the deep structure of the roots. Through the bloodstream, KOPYRROL works at the level of the hair root, which is responsible for a healthy scalp and beautiful hair.

日本語に翻訳すると、
ピディオキシジルは、成長に必要な栄養を摂取することによって弱い毛包細胞を回復させ、また、毛根に働きかけることで、髪の成長とボリュームを増します。また、ピディオキシジルは、血流を介して健康な頭皮と美しい髪の毛を作る毛根に作用します。
※毛包細胞とは、毛本体・毛乳頭・毛母細胞などの構造をまとめた総称です。
※https://www.slideshare.net/Kumarorganicproducts/kopyrrol-pyrrolidinyl-diaminopyrimidine-oxideから引用

日本名 ピディオキシジル
正式名称 ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド
INCI Name Pyrrolidinyl diamino pyrimidine Oxide
商標名 Kopyrrol


また、マウスを用いた実験では、ミノキシジルよりピディオキシジルの方が毛が増えたという結果も出ています。

ミノキシジルとピディオキシジルをマウスを用いて実験した結果ではミノキシジルよりピディオキシジルの方が毛が増えたという結果がでた。

一方のキャピキシルは、カナダの製薬会社、「LUCAS MEYER COSMETICS社」が開発した発毛成分で、 天然成分に由来した成分です。アセチルテトラペプチド3とアカツメクサ花エキスが組み合わさったものです。このキャピキシルは、脱毛ホルモンを生成する5αリダクターゼの働きを抑制することで、抜け毛を防ぎます。また、髪の元となる毛母細胞を活発化させる効果があるため発毛促進の働きもあります。

こちらがミノキシジルとキャピキシルの育毛効果を比較した実験のグラフです。キャピキシルがミノキシジルの3倍の育毛効果があるのが分かります。

キャピキシルとミノキシジルの育毛効果の実験をしたグラフ
※http://www.hatumou-life.com/wp-content/uploads/capixyl_kanzen.pdfより引用

そのほかにも、センブリエキス・ビワ葉・フユボダイジュ花など植物由来の育毛成分や美容成分が含まれています。それらの成分とその詳細な効果についてはこちらをご覧ください。

以上のことからフィンジアは、育毛効果がある発毛剤であることが分かります。

「フィンジアは効かない!?効果の真実と副作用を詳しく解説」の続きを読む…