今売れているシャンプーはコレ!

KAMIKAシャンプー最安値4298円アマゾン楽天どこで買う?

20代~50代の髪の毛の悩み1位は乾燥・パサつき、2位は白髪、3位はクセ・うねり

女性の悩みが多い部位として、1位の肌悩みに次いで多いのが髪の毛です。
顔にシワやシミがあるだけで印象がコロッと変わりますが、髪の毛も肌に負けず印象を大きく変える部位でもあります。
たとえば、白髪が多かったり、髪にボリュームが無いだけで老けた印象を与えます。また、ツヤやハリ・コシがなくまとまりが悪い髪の毛は、貧弱そうに見えてしまいます。
20代、30代の女性の髪の毛の悩み1位は、「乾燥・パサつき」なんです。
それに対して、40代、50代では白髪がダントツの1位なんですよ。
意外だったのが10位の薄毛なんです。
というのも、個人的には薄毛はTOP 5に入ると思っていました・・・。
なぜなら、最近、若い方でも分け目が薄くなって来ている方をよく見かけるからなんです。
だから意外と悩んでいる方が少ないんだぁってビックリしたんです。
それら髪の毛の悩みTOP 10をまとめてみましたのでご紹介致します。

 1位 乾燥・パサつき
 2位 白髪
 3位 クセ・うねり
 4位 傷み
 5位 抜け毛
 6位 枝毛・切れ毛
 7位 ボリュームが無い
 8位 ハリ・コシが無い
 9位 からむ
 10位 薄毛

女性育毛メソセラピーが受けられるクリニックと病院その料金を紹介

薄毛治療には、一般的な服用する内服薬による治療や、育毛剤などの外用薬による治療方法のほかに、発毛効果がある成長因子・アミノ酸・ビタミンなどの成分を頭皮に直接注入するHARG療法や今回ご紹介する育毛メソセラピーがあります。育毛メソセラピーは最近、多くのFAGAクリニックでも取り入れられてきており、FAGAで悩む女性の新たな治療方法として脚光を浴びています。
そこで、今回はFAGA治療として広がりつつまるある育毛メソセラピーの治療方法についてのご紹介と、育毛メソセラピーが受けられるクリニックと病院その料金をご紹介致します。
女性育毛メソセラピーが受けられるクリニックと病院その料金を紹介
出典元:https://wove.jp WOVEクリニック

育毛メソセラピーとは!?

メソセラピーとは、注射を用いた治療のことを意味しています。もともと、メソセラピーとは、皮下注射による医療・美容分野の手法でした。それが、いつしか美容外科業界では、メソセラピーは、脂肪溶解注射だけでなく育毛のため、美肌効果をもたらすために注射を用いることがメソセラピーとなりました。その育毛メソセラピーでは、発毛効果がある成長因子・アミノ酸・ビタミンなどの成分を頭皮に直接注入しFAGAを治療します。

この育毛メソセラピーは、注入する成分の種類や、成分量・治療方法がクリニックによって違っています。
では、育毛メソセラピーには、どのような治療方法があるのかをご紹介致します。

注入方法 特徴
パピュール法 注射器を使う注入法でもっとも一般的です。しかし、注射で成長因子を注入するので痛みに対する不安を持つ方もおられます。麻酔も使われるのである程度緩和されますがそれでも無痛ではありません。
ナパージュ法 注射針で頭皮の表皮に、浅く細かく注射し、そこから成長因子や美容成分を浸透させ皮下組織に有効成分を届ける方法です。頭皮から深く注射をして薬剤を注入するパピュール法に比べると浅いぶん、効果が出るのが遅くなりがちです。

ダーマローラー法

ダーマローラー法

マイクロスパイクと呼ばれる微細な針のついたローラーを、頭皮に当てて転がすことで、皮膚に極細の穴をあけて育毛成分の浸透率を高めます。頭皮の角質層で妨げられる育毛剤の浸透を改善する働きがあります。育毛用のダーマローラーは美容の分野で使用されているものとは異なり、皮膚に微細な穴を開けることだけを目的としているので、ローラーについている針も0.2ミリ程度と非常に短くなっています。そのため、皮膚への負担がより少なく、正しく使用すれば出血などの心配もほとんどありません。

ノンニードル法

ノンニードル法

針を使わない最新の注射器MEDJET(メドジェット)を使用して治療をいます。メドジェットは、蚊の針(0.06mm)よりも細い0.03mmの穴から針を使用せずに、炭酸ガスの圧力を利用してジェット流で薬剤を頭皮表面に注入します。痛みが少なく麻酔が不要で、今までの注射器での注入と比べて痛みが約70%軽減したと言われています。

 

HARG療法との違い

育毛メソセラピーは、有効成分を頭皮に直接注入する薄毛治療法ですが、同じように有効成分を頭皮に直接注入する治療法に、HARG療法があります。HARG療法との違いは、頭皮に注入する成分に成長因子が配合されているかどうかです。HARG療法の注入される成分には、成長因子が含まれていますが、育毛メソセラピーには成長因子が含まれておらず、ビタミンやアミノ酸等をブレンドした成分だけになります。と、以前はそのような違いがあったのですが、最近の育毛メソセラピーには、成長因子も含まれるようになりました。

では、違いがないのではと思うかもしれませんが、HARG療法はすべてのクリニックで施術はできません。日本医療毛髪再生研究会の認可を受けた病院やクリニックでしか受けることができないんです。しかも!HARG療法で注入するHARGパウダー(カクテル)には、150種類もの成長因子が含まれています。もちろん、クリニックによっては、注入成分が異なりますが、育毛メソセラピーで注入される育毛成分よりも、より多くの成長因子が注入されます。

ちなみに、成長因子とは、特定の細胞の分裂を活性化させ、活発な活動をサポートするたんぱく質の一種です。その成長因子には、このようなものがあります。

成長因子 効果
KGF KGFとは、Keratinocyte Growth Factorの略で、日本語では角化細胞成長因子と呼ばれています。人間が持っているタンパク質の一種で164種類ものアミノ酸からできていて、ヘアケアに優れ健康に保つ働きがあります。化粧品原料では、ヒトオリゴペプチド-5 と呼ばれています。また、FGF-7とも呼ばれます。
VEGF VEGFとは、Vascular Endothelial Growth Factorの略で、日本語では血管内皮増殖因子と言います。新たに血管をつくる働き(脈管形成)と、既存の血管を枝分かれさせて伸ばしてくれる働き(血管新生)があります。頭皮の血管が増殖されることにより、毛乳頭に栄養素が届き発毛が期待される成分です。
HGF HGFとは、Hepatocyte Growth Factorの略で、日本語では、て肝細胞増殖因子と呼ばれています。肝細胞のみならず様々な細胞に対して、細胞の増殖を促したり、細胞を活性化させる働きもあります。また、VEGFと同様に既存の血管を枝分かれさせて伸ばしてくれる働き(血管新生)があります。
bFGF bFGFは、basic Fibroblast Growth Factorの略で、日本語で線維芽細胞増殖因子と言います。VEGFと同様に既存の血管を枝分かれさせて伸ばしてくれる働き(血管新生)があります。肌の弾力を戻す肌再生の機能があり、シワ・たるみなどの美肌治療にも使われています。
IGF-1 IGF-1とは、Insulin-like Growth Factor-1の略で、日本語でインシュリン様成長因子-1と言います。その名からお分かりのように、インスリンとよく似た働きを持ちます。ちなみに、インスリンは血糖を下げる働きのあるホルモンです。で、このIGF-1は、細胞を活性化させて、毛母細胞や毛乳頭を健康に保ち、増殖に作用して発毛を促進する働きがあります。しかし、IGF-1は10代をピークとして、加齢が加わるごとに徐々に減少していきます。

 

育毛メソセラピーの相場

育毛メソセラピーの費用は、クリニック・病院によって様々です。注入する成長因子・ビタミン・アミノ酸等の種類、成分量・治療回数によって大きく費用が変わってきます。

一般的な育毛メソセラピーの相場は、1回あたり、2万円から7万円前後です。これを半年から1年ほどかけて、6回(半年)注入を1クールとして治療します。ですので、1クール(半年)で総額12万円から50万円前後の料金がかかります。


 お試しで1回だけ、育毛メソセラピーを受けられるクリニックがあり、通常より安い料金で利用をすることができます。効果があらわれるまで数回注入が必要ですが、頭皮が赤くなったりする方もおられるので1クールの治療の前にお試しとして利用することをオススメ致します。

 

副作用の心配

副作用の心配

心配なのが副作用ですね。頭皮に直接注入するものだから特に副作用の有無は確実にチェックをしておきたい点です。で、結論をさきに申し上げますと、注入する成分によっては副作用が発生することがあります。

というのも、たとえば、成分にミノキシジルが含まれていると、ミノキシジルの副作用である、かゆみ・頭皮の炎症・湿疹・脂漏性皮膚炎などの症状あらわる可能性があるからです。ビタミンやアミノ酸等だけなら赤くなることはあるかも知れませんが副作用がでることはありません。

 信頼のおけるクリニックでは、公式サイトにあらかじめ副作用などのリスクが掲載されています。ですので、育毛メソセラピーの施術をうける際のクリニック選びの指標ともなります。リスクが掲載されていないクリニックは選ぶべきではないでしょう。

 

育毛メソセラピーは、高い発毛効果が期待される治療法ですが副作用のほかにもデメリットも考慮しておきましょう。
育毛メソセラピーのデメリットにはこのよな事柄があります。
 治療費が高額
 継続しての治療が必要

デメリットは、やはり高額な治療費がかかることと、継続しての治療が必になることです。クリニックによって注入間隔も違いますが、2週間から1ヶ月に1度のペースで注入し、半年間の継続が必要になります。そのため、50万円前後の治療費は見込んでおいたほうがよいでしょう。それ以外にも内服薬や外用薬も処方されることがありますので、さらに治療費がかかります。

治療にあたっては、医師と治療法や副作用についてよく話しあうことをオススメ致します。また、育毛メソセラピーが女性の薄毛改善に高い効果がありますので信頼できるクリニックを選びましょう。

 

そこで、育毛メソセラピーの施術が受けられるクリニックをご紹介致します。

 

女性育毛メソセラピーが受けられるクリニックと病院その料金

女性育毛メソセラピーが受けられるクリニックと病院その料金をご紹介致します。

東京ビューティークリニック

  特徴
東京ビューティークリニック

テレビCMでお馴染みの東京ビューティークリニックです。現在はイメージキャラクターとして大久保佳代子さんを起用しています。その東京ビューティークリニックは、全国に女性薄毛専門クリニックが50以上もあり、これまで50万人以上もの実績があります。

東京ビューティークリニックは、医薬品の育毛成分としても認められているミノキシジル(毛細血管を拡張する成分)と成長因子をバランスよく配合したオリジナル発毛薬で発毛治療を行います。

東京・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡には女性専用のクリニックがあり、男性とも会うことなくFAGA治療をすることができます。

発毛治療には、内服薬・外用薬のほか、Dr’sメソ・FAGA幹細胞再生治療といった最先端の発毛治療もあります。Dr’sメソは、ミノキシジルと成長因子を配合したオリジナル発毛薬を頭皮に直接補充する発毛治療法です。また、FAGA幹細胞再生治療は、人の細胞を作る幹細胞を培養する際に幹細胞から排出される幹細胞成長因子を用いた発毛治療法です。

東京ビューティークリニックのモニターやキャンペーン情報はこちら

治療法 診察料金
カウンセリング 無料
初期費用 5,000円 ※治療を開始される方は無料
検査費 20,000円 ※治療を開始される方は無料
パトンガール(内服薬) 5,000円(1ヶ月分)※初回のみ
リバースレディ(内服薬+外用薬) タブレット14,000円~21,000円(1ヶ月分)
リキッド14,000円(1ヶ月分)
Dr’sメソ(FAGAメソセラピー)  1回(2cc) 50,000円、1回(4cc) 70,000円
FAGA幹細胞再生治療 1回(2cc) 60,000円、1回(4cc) 80,000円
公式サイト https://www.tokyobeauty.jp/

※上記価格はすべて税別価格です。

東京ビューティークリーンの女性専用クリニックをご紹介致します。営業時間内はすべて予約制になっておりますのでご注意下さい。

医院名 住所 営業時間
銀座店 〒104-0061 東京都中央区銀座4-3-9 クイーンズハウス8F 10:00~23:00 
渋谷院 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-14-15 森ビル5F 10:00~23:00
新宿アイランドタワー院 〒163-1303 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー3F 10:00~22:00
横浜院 〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2-8-12 松山ビル4F 10:00~23:00
大宮院 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-1-26 石井畜産ビル6F 10:00~21:00
札幌院 〒060-0004 北海道札幌市中央区北四条西2-1-1 カメイ札幌駅前ビル3F 10:00~19:00
名古屋院 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-2-9 名駅クリスタルビル6F 10:00~19:00
大阪 梅田院 〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田2-1-21 高橋ビル6F 10:00~19:00
大阪 心斎橋院 〒542-0085 大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-7-18 プライムスクエア心斎橋8F 10:00~19:00
福岡院 〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-12-5 アペゼビル4F 10:00~19:00

「女性育毛メソセラピーが受けられるクリニックと病院その料金を紹介」の続きを読む…

ヘアカラートリートメントのデメリットを克服する選び方!

自宅のお風呂で簡単に染められると今大人気のセルフカラートリートメント。マイナチュレ・利尻ヘアカラートリートメント・ルプルプなど白髪が気になる女性の間でよく売れている商品です。
1本1,500円前後から2,000円(税込)で販売されており、ショートカットなら約6回使えて、1回あたりの料金が270円(税込)ととてもリーズナブルです。美容院のカラーリングだと1回あたり5,000円以上もするので、それに比べると激安で染めることができます。
しかも!トリートメント成分が配合されているので頭皮や髪へのダメージが気になる方からも注目されています。そんな大人気のヘアカラートリートメントですが染まりづらいというデメリットも。
そこで今回は、ヘアカラートリートメントのデメリットを克服する選び方をご紹介致します。

ヘアカラートリートメントのデメリットを克服する選び方!

デメリットを知っておこう!

ヘアカラートリートメントのデメリットを知っておこう!

ヘアカラートリートメントは、使うたびに徐々に着色して白髪を目立たなくさせるのが特徴です。カラーリングとは違って1回では染まりません。多くのヘアカラートリートメントでは、使い始めは、3日連続使って、その後は週1、2回のペースで使用します。ですので、新しく伸びてくる白髪もある程度染めることができます。

また、面倒な準備が不要で入浴時に手軽にできる事から、簡単に白髪を染められるのも人気の理由です。それに、お風呂と同時に染められるので忙しい主婦やOLの方にも好評です。セルフカラ―派の方にはこれまでの白髪染めのような面倒くささがありませんのでとても楽に感じられると思います。

ヘアカラートリートメントで知名度のあるマイナチュレやルプルプ・利尻ヘアカラートリートメントは、ベニバナ・クチナシ・ウコンなど植物由来の天然染料を使っているので頭皮や髪へのダメージが少ないのも人気の理由です。ですので、ヘアカラーによる髪や頭皮へのダメージが気になる方や、肌が弱く通常の白髪染めが使えない方がメンテナンス感覚で使う分には良いとも言えます。

しかも!ヘアカラートリートメントは、その名の通りトリートメント効果もあるので、頭皮や髪へのダメージを軽減しながらトリートメントもしているので非常に効率がよいヘアケア商品と言えます。

ただ、ヘアカラートリートメントのデメリットも知っておきましょう!

冒頭で申し上げたとおり、ヘアカラートリートメントは1回の使用で染まるものではありません。通常の白髪染めとは違って即効性がなく、一度使っただけでは白髪を染めきることはできません。繰り返すことで徐々に染まる白髪染めです。また、この染まり方も髪質や、コンディションなど個人差が大きく関係しています。ハリのある髪には何回やっても色が満足いくまで色が入らない事もあるようです。

ですので。ヘアカラートリートメントは、使うたびに徐々に白髪を染めていくものなので、黒髪をキープするためには繰り返し使う必要があります。

使い始めの数日間は色が定着するまで毎日使い続けて、白髪が目立たなくなれば間隔をあけて使用します。マイナチュレやルプルプ・利尻ヘアカラートリートメントは、使い始めは、3日連続使って、その後は週1、2回のペースで使用をします。

急いで白髪を染めたい方には不向きですが、徐々に染まるので気の長い方や周りに気づかれたくない方にはいいかもしれません。

また、ヘアカラートリートメントは、やはりどうしても色の入り方にムラがでたりします。というのは、白髪だけではなく、全体に色が薄く入り続けるとダメージ部分は濃く、健康な毛や白髪には入りきらず返って目立つてことがあるからなんです。それに、しっかり染めたい時に、通常のヘアカラーを使うと、ヘアカラートリートメントが邪魔して上手く染まらない可能性が高くなったりします(^^;

もしヘアカラートリートメントを使うなら、バージンヘアでヘアカラーやパーマの経験が無い方、またはそれらの施術をしてから長い期間が開いている方には良いと思います。オススメは、美容室でキレイに染めて、メンテナンス感覚でヘアカラートリートメントを使うヘアケア方法です。

ヘアカラートリートメントのメリットとデメリットをまとめるとこのようになります。

メリット デメリット
・1回あたりの料金が約270円(税込)と激安
・自宅でお風呂に入りながら染められる
・素手で使用することができる
・トリートメント効果がある
・頭皮と髪へのダメージが少ない
・天然染料が使用されている商品もあり安全
・美容成分が配合されていうのでハリ・ツヤがでる

・1回で染めきることができない
・ハリのある髪は染まりづらい
・ムラができることがある
・ヘアカラーのとき、ヘアカラートリートメントが邪魔して上手く染まらないことがある

 

 

 

デメリットを克服する選び方!

 ヘアカラートリートメントのデメリットを克服する選び方!

一般的なヘアカラーは髪を脱色してから内部まで染料を浸透させるので長持ちしますが、頭皮や髪の毛にとってはダメージが多きです。

その点、ヘアカラートリートメントなら髪の毛の表面だけに色をつけ、続けて使うことで徐々に色素を定着させていくので低ダメージで染めることが可能です。もちろん、脱色剤のようなツンとした臭いもありません。

ただし、黒い髪では発色しにくく、またカラーが長持ちしないというデメリットもありますが、使用回数を重ねるごとに色づいていきますので、白髪はもちろんダメージによって褪色した髪も、自然に健康的な色へと染めることができます。

そんなヘアカラートリートメントの染まりづらいというデメリットは、ヘアカラートリートメントに使用されている染料の種類を選ぶことで克服することができます。

どういうことかというと、ヘアカラートリートメントに使用されている染料は、化粧品の半永久染毛剤に分類されます。その半永久染毛剤はさらに、大きく分けて「合成染料」と「天然染料」の2種類に分けることができます。

ヘアカラートリートメントの染料を分類

この合成染料とは、「HC染料」と「塩基性染料(アルカリ性染料)」のことで、それらは、商品の成分表にある「塩基性○○」とか、「HC○○」と表記されています。

合成染料って聞くと、頭皮や髪に安全なのか心配になります(^^;

ご安心ください! 医薬部外品に分類されるヘアカラーや白髪染めなどの「永久染毛剤」のように、髪に浸透した薬剤の化学反応によって発色するのではなく、髪に浸透せずに髪の表面で発色するのでより安全と言えます。

ちなみに、HC染料は分子径が小さく、キューティクルの隙間から浸透するという特徴があります。そのため、キューティクルを開く必要がなく、髪の表面の内側まで染めることが可能です。分子間の力のみで吸着しているため、塩基性染料に比べると色落ちしやすいという弱点があります。HC染料は中性~弱アルカリ性なので、弱酸性の皮膚に使用すると若干は刺激となります。

一方の塩基性染料は、分子径が大きいため髪の内側まで浸透せず、髪表面に付着してイオン結合することで色を付けます。染料が「+(プラス)」の電化を帯びており、髪が「-(マイナス)」の電化を帯びている状態(pHがアルカリに傾いている状態)ほどよく染まります。 塩基性染料だけでは、色数が少ないため、HC染料のようにさまざまな色合いを出せないのが弱点です。

カラートリートメントで、「Wカラー処方でしっかり染める」とか「イオンカラー処方で髪や頭皮にやさしく染める」などと書かれている商品は、「HC染料」と「塩基性染料」のことです。

そして、ヘアカラートリートメントのもう一つの染料が「天然染料」です。天然染料は、クチナシやウコン・アナトーなどの植物由来の染料を使用します。頭皮にも優しく刺激が少ないのですが、天然染料だけでは十分に染まらず退色もしやすいのが特徴です。

ですので、髪や頭皮への刺激を抑えたいなら天然由来の染料に注目して選び、お出かけ前などにしっかり染めたいのならば合成染料のヘアカラートリートメントを選ぶとよいでしょう。

 

選び方のポイント

ヘアカラートリートメントのデメリットを克服するには、染料を選ぶこととさきほどご説明をしましたが、そのほかにもヘアカラートリートメントの選び方をご紹介致します。


1. ダメージヘアにはトリートメント成分が豊富なものを選ぼう
2. コスパをチェック
3. 放置時間(染毛時間)が短ければより手軽に使える
4.白髪を目立たなくするにはダーク系、アクセントにするならライト系
5. 使い続けることで髪色長持ち
6. 実際の染まりやすさや発色具合は口コミでチェック

 ダメージヘアにはトリートメント成分が豊富なものを選ぼう
ヘアカラートリートメントは、元々トリートメント成分が含まれていますが、ダメージヘアの人はよりヘアケアに特化したタイプを選ぶのがおすすめです。ダメージを補修したり、キューティクルをケアする成分が豊富なものなら、指通りが良く滑らかな髪に近づけます。また、ホホバオイルなどの植物由来の保湿エキスが配合されている商品は、髪に潤いを与えてくれますので乾燥しがちな髪のケアにも最適です。

 コスパをチェック
多くのヘアカラートリートメントは内容量が200gで、ショートカットなら約6回使用することができます。1回あたり300円(税込)足らずと激安です。購入する際には、何回使用できるのかを確認しましょう。ちなみに、一般的な内容量は200gでショートカットなら約6回から7回使うことができます。

 放置時間(染毛時間)が短ければより手軽に使える
ヘアカラートリートメントを髪に塗布した後、洗い流すまでにどのくらいの時間を放置しなければならないのかも確認しておきましょう。短いものでは3分、長いものでは10分以上待つものもあります。ヘアカラートリートメントの愛用者の中には、しっかり染めるために、10分のところを、1時間ぐらい放置されている方もおられます。その方たちは、乾いた髪に直接塗布して、家事をしながら放置。お風呂でシャンプーをし、色が無くなるまですすぎをされています。そうすることでしっかりと染まるようです。

基本的には、塩基性染料やHC染料のような合成染料は染毛時間が短く、しっかりと発色することができます。逆に頭皮と髪に優しい天然染料は発色に時間がかかるために染毛時間が10分と長くなります。

 白髪を目立たなくするにはダーク系、アクセントにするならライト系
ヘアカラートリートメントの色選びのポイントは、「白髪をどう見せたいか」です。髪色となじませて目立たなくしたいのなら、黒やブラウンなどの暗い色合いを選ぶことをオススメ致します。逆に白髪の部分をアクセントにするのならば、赤やオレンジなどの明るい色がおすすめです。特に、白髪をなじませたいなら暗めの色が豊富な商品を選ぶのがオススメ。自分の髪色に合わせて選びやすくなります。

 使い続けることで髪色長持ち
ヘアカラートリートメントはシャンプーの度にカラーが落ちてしまいますので、希望の髪色を長持ちさせるには使い続ける必要があります。使い始めは3日ほど連続で使用してベースを作り、その後は週に1、2回ほどのペースで使います。髪の長さや量によっても変わってきますが、1ヵ月で1本と考え、続けやすい価格のものを選びましょう。

 実際の染まりやすさや発色具合は口コミでチェック
実際の染まりやすさや発色具合は口コミでチェックしましょう。商品によって染まり具合や発色の良さが異なりますが、試せるものではないので、購入前にネットの口コミも参考にしてみましょう。髪質は良くなったものの、肝心の染まり具合や発色があまり良くないという商品もありますので、口コミが参考になります。白髪は色が入りやすいのですが、色によっては希望通りのカラーにならないなんてこともあります。実際にヘアカラートリートメントを使用した方々の口コミをチェックしておきましょう。

 

天然染料のヘアカラートリートメント「ルプルプ(LpLp)」の購入はこちら

 

 

ピディオキシジルの効果と副作用について詳しく解説します!

ピディオキシジルは分子構造が医薬品の成分である「ミノキシジル」に近いことから、同様の効果が期待されている育毛成分です。ピディオキシジルは、毛包細胞を回復させ、ヘアサイクルを整える効果があると言われています。マウスを使った実験では、ミノキシジルよりピディオキシジルの方が髪の毛が増えたという結果も出ているほどです。しかも!ミノキシジルは副作用がありますがピディオキシジルは副作用がありません。
そこで、ピディオキシジルの効果副作用についてより詳しく解説します。

ピディオキシジルの効果と副作用について詳しく解説します!

効果と副作用

ピディオキシジルは、水谷豊さんがテレビCMをしているあの医薬品「リアップ」の育毛成分「ミノキシジル」の誘導体です。誘導体とは、化合物の一部分が変化してできるたものをいいます。

どのように変化しているかというと、下の図の赤い丸で囲んだところだけが変化しています。見てお分かりのようにとても良く似ています。言われてみないと分からないほどです。

ミノキシジルとピディオキシジルの分子構造を酷似している

このように分子構造がミノキシジルに近いことから、同様の効果が期待されている育毛成分です。ちなみに、ミノキシジルとは、発毛や育毛を促進する成分です。もともとは、血管を拡張する薬でしたが高い発毛効果が見られるため頭髪用に再研究されて誕生しました。医薬品として直接的な発毛効果が認められています。

ただ、このミノキシジルには、頭皮のかゆみ・炎症・湿疹・脂漏性皮膚炎・倦怠感などの副作用があることが分かっています。また、頭皮への吸収効率が悪いこともあげられます。それらの欠点を改善した成分として近年注目をされているのがこのピディオキシジルなんです。

ピディオキシジルは、成長に必要な栄養を摂取することによって弱い毛包細胞を回復させ、ヘアサイクルを整える効果があると言われています。また、毛根に働きかけることで、髪の成長とボリュームを増します。さらに!、ピディオキシジルは、血流を介して健康な頭皮と美しい髪の毛を作る毛根に作用します。

こちらはインドのKumar Organic Products Ltdという会社がピディオキシジルの実験を実施した文献の一部です。そこには、毛包細胞を回復させて、髪を成長させる働きがあると示されています。

KOPYRROL recovers weak follicle cells by supplying the nutrition which hair needed for growth and increase the growth of hair and increases the volume of hair in the growth stage by working on the deep structure of the roots. Through the bloodstream, KOPYRROL works at the level of the hair root, which is responsible for a healthy scalp and beautiful hai.
出典元:※https://www.slideshare.net/Kumarorganicproducts/kopyrrol-pyrrolidinyl-diaminopyrimidine-oxide

上の英文を日本語に翻訳すると、
ピディオキシジルは、成長に必要な栄養を摂取することによって弱い毛包細胞を回復させ、また、毛根に働きかけることで、髪の成長とボリュームを増します。また、ピディオキシジルは、血流を介して健康な頭皮と美しい髪の毛を作る毛根に作用します。
※毛包細胞とは、毛本体・毛乳頭・毛母細胞などの構造をまとめた総称です。

日本名 ピディオキシジル
正式名称 ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド
INCI Name Pyrrolidinyl diamino pyrimidine Oxide
商標名 Kopyrrol

 

また、マウスを用いた実験では、ミノキシジルよりピディオキシジルの方が髪の毛が増えたという結果も出ています。

ミノキシジルとピディオキシジルをマウスを用いて実験した結果ではミノキシジルよりピディオキシジルの方が毛が増えたという結果がでた。

 

ピディオキシジルは、医薬品ではありませんので副作用の心配はありません。ただし、肌に合わない場合は発疹・かゆみなどが出ることは考えられます。まったくリスクがないわけではないので、正しく理解しておきましょう。

ですが、スカルプDボーテの眉毛美容液などにもピディオキシジルは配合されており、体の部分でも特に皮膚が薄い部分に使用されています。また、目の粘膜にもつながる非常にデリケートな部分にも使用されていることから副作用の心配が少ないことが伺えます。

 

ピディオキシジルを配合した育毛剤はこちら