バルジ領域は脱毛と白髪に関係があった!抜け毛が気になる方必見!

Facebook にシェア

LINEで送る
Pocket


バルジ領域ってご存知でしょうか。バルジ(bulge)とは日本語では、出っ張り・膨らみ・隆起などの意味があり、そのためバルジ領域は毛隆起とも呼ばれています。髪の毛に悩みを持っている方でもあまり聞きなれない言葉だと思います。
このバルジ領域とは頭皮の皮脂を分泌する皮脂腺の少し下にある部分を指します。このバルジ領域には髪を作るための2つの幹細胞「毛包幹細胞」と「色素幹細胞」があります。薄毛改善の鍵を握るといわれるほど重要な場所です。というのも、これまで発毛は毛母細胞の分裂によってのみ起こると考えられていました。が、バルジ領域から作り出される発毛因子が毛母細胞となり、毛乳頭からの栄養を受け取ることで毛が生成されるということが近年の研究で分かってきたんです。
そこで、今回はこのバルジ領域と脱毛・白髪の関係について分かりやすく説明します。抜け毛が気になる方ご覧ください。

バルジ領域は抜け毛・薄毛対策から白髪の改善までキーとなる領域だ

重要な役割のバルジ領域

バルジ領域は、皮脂を分泌する皮脂腺の少し下にあって、ご覧の図でいう青い点線で囲まれた部分になります。
バルジ領域

バルジ領域には髪を作るための2つの幹細胞、「毛包幹細胞」と「色素幹細胞」とがあります。この幹細胞とは、我々人間の組織や臓器になる前の「もと」となる細胞のことです。たとえば、心臓を動かしたり、腎臓で血液をきれいにしたりする組織のもととなる細胞がこの幹細胞なんです。

毛包幹細胞と色素幹細胞の働きをご紹介致します。

幹細胞名 働き
毛包幹細胞 髪の大部分を作り出す役割を担っています。毛包幹細胞はこれまで毛母細胞付近にあると考えられていましたが、近年の研究によって、バルジ領域に存在しているとわかりました。
色素幹細胞 色素幹細胞が髪に色を与えるための細胞で、黒い色素細胞(メラノサイト)を生成して黒い髪にして成長させます。

このバルジ領域から作り出された発毛因子が毛母細胞となり、毛乳頭からの栄養を受け取ることで髪の毛が生成されるということなんです。また、同様に、色素因子が色素細胞(メラノサイト)となり、髪に注入されることで黒い髪になります。この重要な役割を担っているのがバルジ領域なんです。

 

抜け毛・薄毛に関係している

ヘアサイクル

バルジ領域は、抜け毛・薄毛にも関係していると言われています。というのも髪の毛は外側だけに伸びるのではなく、毛細血管がある下にも髪が簡単に抜け落ちないように伸びていきます。まるで植物が根を広げていくような感じです(^^♪ 髪の毛の一番底にある毛珠部は下へ下へと沈んでいきます。そうすると、一定の位置にあるバルジ領域と毛球部の距離が開きます。それにより、毛球部は活力を失い、毛が抜け落ちます。すると毛包が縮み、毛球部とバルジ領域が再び接近し、毛球部がバルジ領域によって活性化され、髪は新たな成長期に入ります。

毛球部がバルジ領域の位置関係

このバルジ領域と毛球部の距離によって、成長や脱毛を繰り返す流れがこそがヘアサイクルの正体だとみなす見解もあります。毛球部とバルジ領域が接近しないと新たな成長期に入ることができず抜け毛が多くなり薄毛の原因となるんです。

 

白髪の原因にも関係するバルジ領域

バルジ領域では、色素因子が色素細胞(メラノサイト)となり、髪に注入されることで黒い髪になります。バルジ領域付近で毛を生やす細胞をつくり出す毛包幹細胞と隣り合わせで存在し、色素幹細胞と毛包幹細胞は毛が生え変わるごとに色素を持つ毛を生やしていきます。

その色素細胞(メラノサイト)自体は、色素幹細胞が活発であれば、損傷してもアメーバのように細胞分裂を繰り返します。が、色素幹細胞が損傷した場合、色素が注入されずに髪の毛は白髪のままになります。また、色素幹細胞は、ヘアサイクルという髪の寿命とも連動しているのでバルジ領域にある色素幹細胞を活性化してあげることが白髪を予防・改善することにつながるんです。

 

幹細胞の活性化と17型コラーゲン

バジル領域の毛包幹細胞と色素幹細胞を維持するのに重要な役割を果たしていたのが17型コラーゲンです。コラーゲンは20種類ほどありますが、そのうちの1種で、幹細胞の老化を防ぎ、また幹細胞が減少しないようにつなぎとめる性質があります。この17型コラーゲンが無くなると毛包幹細胞を繋ぎ止められないので、未熟な状態でバルジ領域から離れてしまい、幹細胞として機能せず、成熟した細胞になって表皮の角化細胞になってしまいます。結果、毛が抜け落ちても生えなくなり薄毛となり、メラニン色素も注入できなくなって白髪の原因になるんです。

ですので、いかに毛包幹細胞と色素幹細胞を活性化させ、この17型コラーゲンを減少させないかが、薄毛・脱毛・白髪の予防・治療の重要なカギになります。

 

毛包幹細胞と色素幹細胞を活性化させる育毛剤はこちら

 

 

コメントを残す