【暴露】リデンシルとは!?効果や副作用を詳しく解説します

リデンシルは、ミノキシジルの2倍の育毛効果あると言われており、薄毛で悩む多くの女性や男性から注目されている成分です。また、セイヨウアカマツ球果エキス・チャ葉エキス・グリシン・ピロ亜硫酸Na・塩化亜鉛から構成される成分のため副作用の心配がありません。一方でリデンシルは育毛効果が無いという噂も(^^;

そこでリデンシルの成分や発毛効果副作用にについて分かりやすくまとめましたのでご紹介致します。

リデンシル

リデンシルとは!?

リデンシルとは、スイスのインデュケム社(induchem)が開発したセイヨウアカマツ球果エキス・チャ葉エキス・グリシン・ピロ亜硫酸Na・塩化亜鉛から構成される「毛髪成長の促進」と「脱毛の減少」の働きがある成分です。

2014年には、ドイツのハンブルグで開催された世界最大級の化粧品原料展示会「インコスメティックス」にて銀賞を獲得しています。

ちなみに、インデュケム社は、スイスで100年以上の歴史がある香料化粧品メーカー・ジボダン社に買収され、現在ではグループ会社としてジボダン社の大規模な資本力で技術開発をしています。

リデンシルの5つの構成成分について詳しくご紹介を致しますね(^^♪

セイヨウアカマツ球果エキス マツ科植物セイヨウアカマツの球果(まつぼっくり)から抽出して得られるエキスです。このエキスには、フラボノイドやアミノ酸が多く含まれており、肌の活性を高めて肌荒れを防ぐ効果などに期待ができます。そのほかにも消炎・抗菌・血行促進・保湿・柔軟などの作用に優れています。毒性の心配もなく、安全性は高いと考えられている素材のひとつです。松ヤニは皮膚の消炎や創傷治癒効果があることでも知られており、アトピー肌にも効果的な成分とも言われています。
チャ葉エキス チャ葉エキスは、茶の木という木の葉っぱから抽出するエキスです。茶の木は、東アジア原産の常緑低木で、日本や中国、インドなどアジア圏の、暖かい地域で栽培されています。チャ葉エキスの効果には、高い殺菌効果があります。肌の炎症もおさえたり、古い皮脂を落として、新しく強い角質を作るサポートもしてくれます。
グリシン グリシンはアミノ酸の一種で別名グリココルとも呼ばれます。甘味があり水に溶けやすい特徴があり、ゼラチンやエラスチンといった動物性タンパク質のコラーゲンに多く含まれています。耐熱性菌の増殖を抑える効果があり日持向上として食品添加物としても使用されています。また、保湿効果・血行促進効果があります。最近では睡眠の質を高める効果があることで、睡眠サポートサプリメントとしても使用されています。安全性が高く、口からの摂取においても副作用がない成分です。
ピロ亜硫酸Na ピロ亜硫酸Naは、ワインの醗酵過程で微量ながら生み出される物質で、ワインやドライフルーツなどの酸化防止剤として使われる食品添加物です。亜硫酸塩自身が酸化されることにより、食品の酸化を防ぐ働きを持っています。
塩化亜鉛 塩化亜鉛とは、塩素と亜鉛の化合物です。亜鉛はケラチンなどのタンパク質を合成するのに欠かせない栄養素で、細胞の新陳代謝にかかわる200種類以上もの酵素を構成する重要な成分です。女性の薄毛でもあるFAGAの原因物質5-αリダクターゼを抑制する効果があるので、薄毛・抜け毛に効果があります。

 

育毛のためには、頭皮環境を整えるこの4つのポイントが大事です。この4つのポイントで頭皮環境を整えないと髪の毛は成長しません。

 皮脂抑制
 保湿
 抗菌
 血行促進

上の5つの構成成分からしっかりと、この4つのポイントの成分が入っていることが分かります。

 

大まかな ”リデンシルとは何か” が分かったところで、もう少しリデンシルについて詳しくご説明を致しますね。

インデュケム社(induchem)が行った実験の文献にはこのような文があります。

Redensyl is a hair care ingredient developed by Induchem Companies which acts as a hair growth galvanizer by reactivating hair follicles stem cells and dermal papilla fibroblasts. 出典元:http://www.nardev.com/

翻訳すると、“リデンシルは、インデュケム社によって開発された毛包幹細胞と毛乳頭を活性化するヘアケア原料です”と書かれています。

この毛包幹細胞とは、バルジ領域にあって毛を形作る角化細胞を供給する源の細胞です。簡単にいうと髪を作り出す役割をしている細胞です。また、毛細血管から栄養を取り込んで、毛を成長させるのが毛乳頭です。その2つにリデンシルが働きかけるので髪が成長するって訳なんです。

ちなみに、バルジ領域とは、頭皮の皮脂を分泌する皮脂腺の少し下にある部分を指します。そのバルジ領域には髪を作るための2つの幹細胞、「毛包幹細胞」と「色素幹細胞」とがあります。薄毛改善の鍵を握るといわれるほど重要な場所です。これら2つの幹細胞はそれぞれ髪を作るはたらきと、色を作るはたらきがあります。

毛包幹細胞と毛乳頭
出典元:http://www.nardev.com/

 

リデンシルには、DHQGという分子と、EGCG2というポリフェノールが含まれていて、さきほどの毛包幹細胞と毛乳頭を活性化するヘアケア原料にあたるのがDHQG( Dihydroquercetin-Glucoside)ジヒドロケルセチングルコシドなんです。

EGCG2(Epigallocatechin-gallate-Glucoside)は、没食子酸エピガロカテキングルコシドでポリフェノールの1種です。頭皮の炎症の主な原因である「IL-8」という炎症性サイトカインの作用を抑制する効果があります。炎症性サイトカインとは、炎症症状を引き起こす様々な原因因子を言います。IL-8のほか、IL-6,TNF-αなどがあります。

 

効果

リデンシルは、テレビCMでもお馴染みの育毛剤「リアップ」に使用されている成分「ミノキシジル」の2倍の育毛効果があると言われています。

では、インデュケム社(induchem)から出された実験結果の文献からリデンシルの効果をご紹介致します。

まず、こちらのグラフは、ミノキシジルとリデンシルを7日・10日間培養した結果です。

リデンシルを培養した結果のグラフ
出典元:http://www.nardev.com/

ご覧のとおり10日培養すると、ミノキシジルの118%に対して、リデンシルが214%であることから、ミノキシジルの2倍も育毛されたことが分かります。

この培養の比較実験は人間の頭皮で実験したものでは無いことから、この数値には意味が無いという方もおられます。それが原因で、リデンシルが育毛に効果が無いと言う噂が広まったのかも知れませんね。でも、本当に効果がないのでしょうか。

というのも、こちらをご覧ください。
この写真は、リデンシルを3ヶ月間毎日塗布した結果の写真です。明らかに髪の毛が生えているのが分かります。リデンシルを否定されている方々はなぜかこの写真は掲載しておりません。

リデンシルを3ヶ月間毎日塗布した結果の写真
出典元:http://www.nardev.com/ ※写真をクリックすると拡大します。

 

髪の毛の密度も濃くなっているのが分かります。

リデンシルを3ヶ月間毎日塗布した結果の写真
出典元:http://www.nardev.com/ ※写真をクリックすると拡大します。

 

また、インデュケム社(induchem)が行った実験結果の文献には休止期や成長期にある髪の毛の変化も載せられています。

髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)というものがあり、髪の毛は日々作られ、それと同時に寿命を終えた髪の毛は抜けていきます。ヘアサイクルは、毛が生え始めてから毛母細胞がさかんに分化・増殖し、その成長が止まるまでの時期を指す「成長期」(一般的に2~6年の周期)、成長期が終わって休止期に移行する過程である「退行期」(1~2週間)、毛根が退化してから毛が抜ける直前までの「休止期」(3~4カ月)というサイクルのことをいいます。この毛周期は男性と女性で少し違いがありますが、女性の場合は4~6年、一生のうちに15~30 回くらいのヘアサイクルを繰り返すと言われています。

 

こちらがリデンシルを3ヶ月間塗布した場合の休止期にある髪の毛が、変化したグラフです。-16.5%もの休止期にある髪の毛が減っています。休止期にある髪の毛が減ることで、髪は成長期に移るので髪の毛が増えることにつながるんです。

リデンシルを3ヶ月塗布した実験結果
出典元:http://www.nardev.com/ ※画像をクリックすると拡大します。

 

また、こちらが成長期にある髪の毛をあらわしたグラフで、8.9%もの髪の毛が増えたことを意味しています。休止期の髪の毛が減り、成長期の髪の毛が増えていることから育毛効果が出ているのがお分かりになるかと思います。

リデンシルを3ヶ月塗布した実験結果
出典元:http://www.nardev.com/ ※画像をクリックすると拡大します。

 

しかし、他のサイトでも書かれているのですが、ミノキシジルと比較せず、偽薬との比較をしています。そのことから、”ミノキシジルより効果が無いから比較できないだ”とも書かれていますが、その理由は実験結果にも書かれていないので不明です。ただ!このグラフからもリデンシルは育毛効果があるということは分かります。ちなみに偽薬とは、プラシーボと言って、患者を安心させたり新薬の効果を調べたりするのに使う、本当の成分を含まないが外見では見分けられない薬剤のことです。投与された患者は有効な成分が入っていないにも関わらず、その病気や症状に有用だと思い込み、有効な作用があらわれることをプラシーボ効果と言います。

 

以上のことから、リデンシルは、毛包幹細胞と毛乳頭を活性化する働きがり、実験結果からも育毛・発毛の効果が立証されています。

 

副作用

リデンシルは、セイヨウアカマツ球果エキス・チャ葉エキス・グリシン・ピロ亜硫酸Na・塩化亜鉛から構成される成分なので副作用の心配がありません。ミノキシジルの場合は、体毛が濃くなってしまったり、肌トラブルや心臓・腎臓への影響という副作用がありますが、リデンシルにはそれらの副作用が無いため、医学根拠のある育毛成分でありながら安心して使えるという特徴があります。

副作用ではありませんが、初期脱毛が起こる可能性があります。この初期脱毛とは、生え変わりを待っている髪の毛が、育毛剤などにより、これまで以上に早く発育するために起こる症状で、一時的に髪の毛が抜けることを言います。医薬品のミノキシジルもそうですが、優れた育毛効果がある成分ほど初期脱毛が起こりやすいといえます。通常、生え変わりを待っている髪の毛は、髪の毛の全体の10%にあたると言われています。ですので、リデンシルも発毛効果が高い成分なので、この初期脱毛が起こる可能性があります。

 

リデンシルを使った育毛剤「リジュン」はこちら

 

 

リジュンの成分リデンシルは効果があるのか!?効果を大暴露!

リジュン(RiJUN)は、髪のハリやコシ・抜け毛・薄毛で悩む女性のためのスカルプエッセンスです。業界最多の72種類にもおよぶナノ化した成分が含まれているから頭皮へ浸透も他の育毛剤とはまったく違います。

そのなかの成分のひとつが育毛成分のリデンシルです。水谷豊さんがテレビCMしている育毛剤「リアップ」に使用されている成分「ミノキシジル」の2倍の育毛効果があると言われているリデンシルが含まれています。

そのリデンシルは本当に育毛の効果があるのか調べましたので詳しくご紹介を致します。
リジュン(RiJUN)

リデンシルの働きとは!?

リデンシルはスイスのインデュケム社(induchem)が開発したセイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシン、ピロ亜硫酸Na、塩化亜鉛から構成される「毛髪成長の促進」と「脱毛の減少」の働きがある成分です。2014年には、ドイツのハンブルグで開催された世界最大級の化粧品原料展示会「インコスメティックス」にて銀賞を獲得しています。

インコスメティックス(in-cosmetics)とは、世界中各地で開催されている、主に化粧品メーカー向けの化粧品原料展です。有名な化粧品メーカーやOEMメーカーが、マーケットトレンドや化粧品原料、技術を収集する場として、利用しています。

 

インデュケム社(induchem)が行った実験の文献にはこのような文があります。

Redensyl is a hair care ingredient developed by Induchem Companies which acts as a hair growth galvanizer by reactivating hair follicles stem cells and dermal papilla fibroblasts. 出典元:http://www.nardev.com/

翻訳すると、“リデンシルは、インデュケム社によって開発された毛包幹細胞と毛乳頭を活性化するヘアケア原料です”と書かれています。

この毛包幹細胞とは、バルジ領域にあって毛を形作る角化細胞を供給する源の細胞です。簡単にいうと髪を作り出す役割をしている細胞です。また、毛細血管から栄養を取り込んで、毛を成長させるのが毛乳頭です。その2つにリデンシルが働きかけるので髪が成長するって訳なんです。

ちなみに、バルジ領域とは、頭皮の皮脂を分泌する皮脂腺の少し下にある部分を指します。そのバルジ領域には髪を作るための2つの幹細胞、「毛包幹細胞」と「色素幹細胞」とがあります。薄毛改善の鍵を握るといわれるほど重要な場所です。これら2つの幹細胞はそれぞれ髪を作るはたらきと、色を作るはたらきがあります。

毛包幹細胞と毛乳頭
出典元:http://www.nardev.com/

 

リデンシルには、DHQGという分子と、EGCG2というポリフェノールが含まれていて、さきほどの毛包幹細胞と毛乳頭を活性化するヘアケア原料にあたるのがDHQG( Dihydroquercetin-Glucoside)ジヒドロケルセチングルコシドなんです。

EGCG2(Epigallocatechin-gallate-Glucoside)は、没食子酸エピガロカテキングルコシドでポリフェノールの1種です。頭皮の炎症の主な原因である「IL-8」という炎症性サイトカインの作用を抑制する効果があります。炎症性サイトカインとは、炎症症状を引き起こす様々な原因因子を言います。IL-8のほか、IL-6,TNF-αなどがあります。

 

リデンシルの効果

リデンシルは、テレビCMでもお馴染みの育毛剤「リアップ」に使用されている成分「ミノキシジル」の2倍の育毛効果があると言われています。

では、インデュケム社(induchem)から出された実験結果の文献からリデンシルの効果をご紹介致します。

まずこちらのグラフは、ミノキシジルとリデンシルを7日・10日間培養した結果です。

リデンシルを培養した結果のグラフ
出典元:http://www.nardev.com/

ご覧のとおり10日培養すると、ミノキシジルの118%に対して、リデンシルが214%であることから、ミノキシジルの2倍も育毛されたことが分かります。

この培養の比較実験は人間の頭皮で実験したものでは無いから、この数値には意味が無いという方もおられますが、でも本当にそうでしょうか。

というのも、こちらをご覧ください。
この写真は、リデンシルを3ヶ月間毎日塗布した結果の写真です。明らかに髪の毛が生えているのが分かります。リデンシルを否定されている方々はなぜかこの写真は掲載しておりません。

リデンシルを3ヶ月間毎日塗布した結果の写真
出典元:http://www.nardev.com/

 

髪の毛の密度も濃くなっているのが分かります。

リデンシルを3ヶ月間毎日塗布した結果の写真
出典元:http://www.nardev.com/

 

以上のことから、リデンシルは、毛包幹細胞と毛乳頭を活性化する働きがあるので、育毛・発毛の効果が期待できるということです。

 

リデンシルを使った育毛剤「リジュン」はこちら

 

 

リジュンはどこの店舗で買える?店舗でも最安値で買えるって本当?

髪にハリやコシ、ツヤがないと悩んでいる女性の間で話題になっているスカルプエッセンス「リジュン」。

今注目されている貴重なフルボ酸や育毛成分リデンシルが「リジュン」に含まれています。

しかも合成着色料をはじめ合成香料、鉱物油、紫外線吸収剤、ホルモン、シリコン、パラベン、ラノリンは一切使用していません。

無添加でしかも低刺激だから敏感なお肌でも安心して使用できると評判♪

そんなリジュンをすぐに使いたい人がドラッグストアなどに立ち寄り探しているようです。

今回はリジュンが販売されているドラッグストアなどの店舗をご紹介致します。

また、楽天市場やアマゾン、ヤフーショッピングなどの販売価格を比較し最安値を調べてみましたのでご紹介致します。


「リジュン」に対するこんな悩みや疑問はお持ちではないでしょうか?
・リジュンはドラッグストアなどの店舗でも買える?
・リジュンの最安値はどこ? お得に買えるところは?
・リジュンの口コミは良い?悪い?
・リジュンでボリューム感のある髪に変わるの?
・リジュンは薄毛や抜け毛にも効果がある?
・リジュンの効果的な使い方は?

その悩みや疑問の解消に向けて、リジュンの価格の比較・効果・特徴・口コミ(体験談)・効果的な使い方・販売店情報などを分かりやすくまとめてみました。

スカルプエッセンス「リジュン」

リジュンはどこの店舗で買える?

 
リジュンはドラッグストアなどの店舗でも販売されている?楽天市場やアマゾン、ヤフーショッピングとどこが一番安いの?

残念ながら、リジュンはネット販売のみでマツモトキヨシ・ココカラファイン・ウエルシアなどのドラッグストアの実店舗では販売されていません
2019年1月時点で販売されているのは公式サイトと楽天市場だけです。アマゾン、ヤフーショッピングでも販売されていません。

   単品  1ヶ月毎定期購入  3ヶ月毎定期購入
 公式サイト

 6,437円

 送料¥640

 初回 3,218円

 2回目以降 5,378円

 ※送料無料

 12,355円

 ※送料無料

 ※90日間全額返金保証

 楽天市場

 7,344円

 送料¥800円

 販売ナシ  販売ナシ
 アマゾン  販売ナシ  販売ナシ  販売ナシ
 ヤフーショッピング  販売ナシ  販売ナシ  販売ナシ
 ドラッグストア  販売ナシ  販売ナシ  販売ナシ

※上記価格は税込価格です。

リジュンの購入方法には、「単品購入」、「定期購入(1ヶ月ごと1本)」、「定期購入(3ヶ月ごと3本)」の3種類があります。
それぞれ3ヶ月、6ヶ月使用した場合の購入額の合計も比較してみました。

   3ヶ月後合計額  6ヶ月後合計額
 単品  21,231円  42,462円
 定期購入(1ヶ月ごと1本)  13,974円  30,108円
 定期購入(3ヶ月ごと3本)  12,355円  24,710円

※上記価格は税込価格です。

1ヶ月では、リジュンの効果を実感できる人がいれば効果を実感できない人もおられるようです。
効果を実感されている多くの方は3ヶ月以上継続して使用されています。
ですのでリジュンの効果を実感するためには、「3ヶ月ごと3本 ¥11,440(税抜)」がオススメ

定期購入という形にはなりますが、一般的な定期購入と異なり、継続条件がないので、たった1回だけでも解約でき、初めての方のお試しとしても好評です。定期購入というと、解約が大変だったり面倒だったり、電話番号が分からなかったりで、購入するのをためらう方も、いらっしゃるようです。
リジュンの定期購入の解約方法は、電話(0120-323-990)ひとつで簡単にできるので、安心して購入できます。

「リジュンはどこの店舗で買える?店舗でも最安値で買えるって本当?」の続きを読む…