ルプルプの上手な使い方決定版!綺麗に染まらないのは間違っている

ルプルプ(LpLp)カラートリートメントは、ベニバナ・クチナシ・藍など天然由来成分の染料を使用して白髪を黒髪へと綺麗に染めていきます。ルプルプには、「ダークブラウン」・「ブラウン」・「モカブラウン」・「ソフトブラック」の4種類の色があり、お好みの色を見つけることができます。内容量が200gで、ショートなら約6回、セミロングなら約4回も使用することができます。ですので、ショートの方なら1回あたり270円(税込)ととてもお得なカラートリートメントです。

また、家事や家に居ながら白髪染めができるので、忙しくて美容院に行く時間が無い方でも隙間時間を利用しながらカラートリートメントをすることがでます。
そこで今回は、自宅で手軽にできるカラートリートメントのルプルプの上手な使い方注意点をご紹介致します。
ルプルプ(LpLp)

綺麗に染まらないのは使い方が間違っているから!

ルプルプは自宅で手軽に白髪染めができるカラートリートメントです。「ダークブラウン」・「ブラウン」・「モカブラウン」・「ソフトブラック」の4種類の色がありお好みの色に染めることができます。ここでは、ルプルプをもっと綺麗に染めるポイントを詳しくご紹介致します。ルプルプが綺麗に染まらないのは、間違った使い方をしているからかも知れませんね。

上手に染めるポイントはこの3つです。
 整髪剤は落とす
 使い始めは3回連続で使用する
 美容室でのパーマやヘアカラーは、施術前後1週間程度あける

髪にワックス・オイルなど油性の整髪剤が付いていると、染まり具合が弱まったり、色ムラになる場合があります。シャンプー後、ドライヤーもしくは、しっかりタオルドライをされた素髪の状態で、ルプルプを塗布してください。

また、髪が太く・硬い方・髪が健康でキューティクルがしっかりしている場合は、染まりにくいことがあります。使い始めは3回連続で使用しましょう。その際は、シャンプー前の乾いた髪にルプルプを塗布し、放置時間をやや長めに、量を少し多めに塗布するのがポイントです。

美容室でのパーマやヘアカラーは、施術前後1週間程度あけるようにしましょう。たとえば、美容院でパーマやヘアカラーをかけた場合は、1週間あけてからルプルプを使うようにしましょう。また、パーマやヘアカラーを美容院でされる場合は、ルプルプを使用してから1週間以上あけてから行うようにしましょう。美容室での施術内容によっても異なりますが、変色などの可能性があります。

 

上手な使い方

ルプルプ(LpLp)の上手な使い方をご紹介致します。使い方はとても簡単です。素手でも塗布することができますが爪の間に入ると落ちにくい場合があります。ですので気になる方は手袋をご使用されることをオススメ致します。公式サイトから定期購入された方は、手袋をはじめケープ・イヤーキャップ・シャワーキャップ・専用コームが付属しております。

 乾いた髪か、ドライヤーもしくは、しっかりとタオルドライをした髪の状態でトリートメントをします。濡れた手にヘアカラートリートメントを取ります。

ルプルプの失敗しない上手な使い方

 素手で生え際からたっぷり塗っていきます。ルプルプをたっぷりとまんべんなく塗るのがポイントです。

ルプルプの失敗しない上手な使い方

 十分に塗り終えたら、ラップで髪全体を包み込みます。

ルプルプの失敗しない上手な使い方

 キャップをかぶり、その上に蒸しタオルをのせます。20~30分放置した後、洗い流して完了です。色水がなくなるまでしっかりとすすぎましょう。最後はドライヤーで乾かしておわりです。シャンプー後のトリートメントとしてもお使い頂けます。

ルプルプの失敗しない上手な使い方

 

ルプルプは、アレルギー体質の方や敏感肌の方でも安心してお使い頂けるようにアレルギーテスト・パッチテストを行っております。ただし、すべての方に皮膚刺激が起きないわけではありませんので、アレルギー体質の方、肌が敏感な方はご使用前にパッチテストを実施いただくことをオススメいたします。

また、妊娠中の方は、ホルモンバランスが変化するため、お肌がデリケートになりがちです。念のためご使用前に主治医にご相談くださいね(^^♪

 

ルプルプ(LpLp)の購入はこちら

 

 

KAMIKAシャンプーで上手に白髪をケアする効果的な使い方!

KAMIKAシャンプーは濃厚なクリームで頭皮と髪を洗うまったく新しいシャンプーで、2018年秋「ananモテコスメ大賞」を受賞した今注目のシャンプーです。しかも!ヘマチン・メリタンといった白髪ケア成分が配合されているので白髪が気になる多くの女性から愛用されています。また、合成界面活性剤をはじめパラペン・合成色素など5つの添加物が未使用だから頭皮と髪にダメージが少ないことも人気がある理由です。
そんなKAMIKAシャンプーで上手に白髪をケアする効果的な使い方をまとめましたのでご紹介を致します。

KAMIKAシャンプーで上手に白髪をケアする効果的な使い方!

白髪をケアする効果的な使い方

KAMIKAシャンプーはこれまで使ってきた泡で洗うシャンプーではなく、濃厚なクリームで洗うタイプのシャンプーです。ですので、最初、戸惑う方がおられると思いますので上手に白髪をケアする効果的な使い方をご紹介致します。

 ブラッシング
まず最初にブラッシングを行います。これは、髪に付いたホコリや汚れを落とすために行います。目には見えなくても意外と髪にはホコリや汚れが付着しています。KAMIKAシャンプーが髪に馴染みやすくするためにもブラッシングで髪をとかしておきます。このときのコツは、根元から一気にとかすのではなく、毛先からとかしていくき、徐々に根元に上がって優しくブラッシングをすることです。

KAMIKAシャンプーの効果的な洗い方

 

 髪と頭皮を予洗いする
髪と頭皮を、39度ぐらいのお湯でしっかりと濡らしながら予洗いをします。予洗いをしっかりするだけで7割の汚れやホコリが落ちるともいわれています。また、頭皮の血行も活発になるので育毛にも効果的です。

KAMIKAシャンプーの効果的な洗い方

 

 KAMIKAを頭皮になじませ優しく洗う
KAMIKAシャンプーを少量を手に取り髪と頭皮になじませていきます。これを髪全体になじませるまで数回繰り返します。KAMIKAシャンプーが髪全体に行き渡ったら頭皮をマッサージするように優しく洗っていきます。今まで使っていたような泡立ちはありませんが濃厚クリームがしっかりと汚れを落としてくれます。このときのコツは、爪を立てて洗わないことです。指先の腹で優しく洗いましょう。

KAMIKAシャンプーの効果的な洗い方

 

 お湯で洗い流す
髪や頭皮のヌルヌル感が無くなるまで、しっかりすすいで洗い流します。洗った時間の2倍をかけてすすぐことが必要です。

KAMIKAシャンプーの効果的な洗い方

 

KAMIKAシャンプーが白髪に効果がある理由

実は髪の毛はもともと白色をしています。そこにメラニン色素がついて黒くなっているんです。夏に紫外線を浴びると肌が黒くなりますよね。あれもメラニン色素がでて黒くなっているんです。髪は紫外線を浴びて黒くなっている訳ではありませんが、同様の働き髪で黒くなっています。このメラニン色素を作っているのがメラノサイト(色素形成細胞)と言われる細胞です。このメラノサイトが加齢やストレス・遺伝的要因によって衰えて白髪になってしまうんです。

で、このメラノサイトの働きを活発にしてあげれば白髪が減り黒髪が増えるってわけです。そのメラノサイトを活発にしてくれる成分がヘマチンとメリタンでKAMIKAシャンプーに含まれているんですす。

ヘマチン・メリタンがメラノサイトを活性化する

ヘマチンはプラセンタと同様に飼育牛や豚など動物の新鮮な血液を原料として化学処理によって作られた成分で、ヘマチンを髪に付けると髪の毛の主成分であるケラチンと結合して髪を修復します。また、メラノサイトを活性化する働きもあり色素が増えて白髪に効果的があることが分かっています。

また、メリタンは、アラニン、アルギニン、ヒスチジン、ロイシン、フェニルアラニン、トリプトファンの6つのアミノ酸からなり、髪の毛根部においてメラニン合成を促進する働きがあります。そのため、白髪改善・予防効果が期待できる成分なんです。

 

KAMIKAシャンプーのご購入はこちら

 

 

マイナチュレカラートリートメントの色や使い方を徹底解説!

マイナチュレカラートリートメントは、植物由来成分94%配合の白髪染めトリートメントです。そのため、頭皮や髪に優しいヘアカラートリートメントで、アレルギーテストやスティンギングテストも実施済なので敏感肌の方でも安心してお使い頂けるヘアカラートリートメントです。

シャンプー後にトリートメントのように使用するだけで綺麗に染まると評判です。他社のヘアカラートリートメントよりよく染まると96.1%もの方がその染まり具合や持ちに満足をされています。
そんなマイナチュレカラートリートメントの使い方を詳細にご紹介を致します。
マイナチュレカラートリートメントの色や使い方を徹底解説!

色はダークブラウンとブラウンの2色

マイナチュレカラートリートメントの色には、ダークブラウンとブラウンの2色があります。ダークブラウンは、黒色と茶色の中間色で赤みがあり茶色に抵抗がある方にオススメです。

マイナチュレヘアカラートリートメントで一番売れている色です。一方のブラウンは、やや明るめの茶色で発色が良く若々しく仕上がります。

それらダークブラウンとブラウンについてまとめましたのでご覧ください。

パッケージ 染めた後の髪色 特徴
ダークブラウン マイナチュレヘアカラートリートメント(ダークブラウン) マイナチュレヘアカラートリートメント(ダークブラウン) 黒色と茶色の中間色で赤みがあり茶色に抵抗がある方にオススメです。マイナチュレヘアカラートリートメントで一番売れている色です。
ブラウン マイナチュレヘアカラートリートメント(ブラウン) マイナチュレヘアカラートリートメント(ブラウン) やや明るめの茶色で発色が良く若々しく仕上がります。

 

上手な染め方

マイナチュレカラートリートメントは、シャンプー後の髪に適量を塗布して10分ほど放置するだけで綺麗に染まる白髪染めです。シャンプー前の乾いた髪にも塗布して染めることができますが、ヘアワックスやクリームなどの整髪料が付いていると色の染まりが弱まったり、色ムラになる場合があるので注意が必要です。
そこで、マイナチュレカラートリートメントの上手な染め方をご紹介を致します。

 シャンプーのあと、タオルで水分をよく拭き取る
シャンプーで綺麗に髪を洗髪します。特にヘアワックスやクリームなどの整髪料をお使いの方は綺麗に洗い流しましょう。汚れやヘアワックス・クリームなどの整髪料が付着していると色の染まりが弱まったり、色ムラになる場合があるんです。ですので、綺麗に洗髪します。洗髪が終わったら毛先がほぐれるまで水分を拭き取ります。水分をよく拭き取ることで染料が垂れず、色移りしにくくなります。
マイナチュレヘアカラートリートメントの上手な染め方

 

 たっぷりと塗る
マイナチュレヘアカラートリートメントに付属の手袋をはめて塗布していきます。このとき、「つむじ」・「前頭部」・「側頭部」・「後頭部」の4つにブロックに分けて塗ります。このとき、100円ショップで売っているヘアクリップを使うとたいへん便利です。さらにそのパーツごとに、2~3のブロックに分けて塗っていきます。

マイナチュレヘアカラートリートメントの上手な染め方

マイナチュレヘアカラートリートメントの上手な染め方

ポイントは、気になる部分から先に塗ることです。 より髪に馴染み美しく染まりやすくなります。また、各ブロックは重ね塗りをしましょう。量が少ないとムラができやすくなります(^^;

使用するマイナチュレカラートリートメントの量は、広げた手のひらの指の付け根から手首まで1本分が約5gです。ショートなら6本分、セミロングなら7本分、ロングは8本分になります。

使用量 目安量
ショート 30g 6本分
セミロング 35g 7本分
ロング 40g 8本分

 

 10分放置、しっかりと染めたい人は長い目に放置
たっぷりと髪に馴染ませたら10分間放置します。これにより色ムラが無くなり、色が定着しやすくなります。髪が長い方はヘアクリップなどの髪留めを使うことをオススメ致します。背中などに染料が付くのも防ぐことができます。
マイナチュレヘアカラートリートメントの上手な染め方

 

 ヌメりを取って、しっかりとすすぐ
マイナチュレカラートリートメントを塗布した髪は、トリートメントがしっかりと付いているので、洗面器に溜めたお湯でヌメリを少しずつ落としていきます。カラートリートメントが髪に馴染むようにお湯と混ぜ合わせながらヌメリを取ります。ヌメリがなくなったら、シャワーで色が出なくなるまでしっかりすすぎます。
マイナチュレヘアカラートリートメントの上手な染め方

 

 ドライヤーで十分に乾かす
タオルで水気をしっかりと取ります。タオルは染料が付いてもかまわないものを使用しましょう。水気を十分にとったあと、ドライヤーでよく乾かします。色移りの防止になるのでドライヤーで十分に乾かしましょう。
マイナチュレヘアカラートリートメントの上手な染め方

 

マイナチュレカラートリートメントの購入はこちら