ヤーマン遠赤外線ドライヤーロゼとパールホワイトの違いを徹底解説

Facebook にシェア

LINEで送る
Pocket


ヤーマン遠赤外線ドライヤーは、60℃という低温の遠赤外線で頭皮と髪を乾かすスカルプドライヤーです。また、毎分3,700回もの美容音波振動マッサージで頭皮を優しく刺激します。それにより、頭皮温度が7.8℃も上昇し、頭皮の弾力性も110%に向上する育毛効果が期待できるドライヤーです。そのため、あの総合毛髪企「アートネイチャー」も推奨販売しているほどです。

さらに!頭皮にハリがあたえられるので顔のたるみやシワまで改善される日本初のリフトアップドライヤーでもあるんです。そんなヤーマン遠赤外線ドライヤーにはパールホワイトロゼの2種類があります。本体の色が違いますがそのほかにもマイナスイオンがロゼだけに付いていたりと違っていたりまします。

そこで、今回はパールホワイトとロゼとの違いを分かりやすくまとめましたのでご覧ください。
ヤーマン遠赤外線ドライヤーロゼとパールホワイトの違いを徹底解説

パールホワイトとロゼの違い

パールホワイトとロゼの違いは、マイナスイオン機能の付帯と付属品のアタッチメントにあります。

ロゼには、マイナスイオンが付いていますが、パールホワイトにはマイナスイオンが付いていません。また、本体に装着するアタッチメントもパールホワイトとロゼでは違ってきます。

こちらにロゼとパールホワイトのスペックを比較してみました。

商品名 パールホワイト ロゼ
マイナスイオン ×
定格電源 AC100V 50-60Hzc
付属品 セット用ノズル/スカルプヘッド(大)/スカルプヘッド(小) セット用ノズル/スカルプヘッド(大)/コームヘッド
消費電力 850W (DRY運転時) 930W (DRY運転時)
温風温度 DRY運転時 : 約60℃ (吹出口から10cm)
外形寸法 約W112 × D194 × H297(mm) (本体のみ)
製品質量 約630g(本体・電源コード含む) 約650g(本体・電源コード含む)
電源コード長 約1.8m
材質 本体:ABS樹脂、シリコンゴム、ポリカーボネート、PVC
原産国 中国

ロゼにマイナスイオン機能が付いているぶん、重量が20gだけ重く消費電力も大きくなっています。ですが遠赤外線の60℃はパールホワイトもロゼも変わりません。

また、付属しているアタッチメントも少しだけ違います。パールホワイトには、スカルプヘッド(小)が付いており、ロゼには、コームヘッドが付いています。

それら付属しているアタッチメントをまとめましたのでご覧ください。

ヤーマン遠赤外線ドライヤーのパールホワイトとロゼのアタッチメントを比較

 

付属品 名前 機能
ヤーマン遠赤外線ドライヤーのアタッチメント(スカルヘッド小) スカルヘッド小 美容音波振動で頭皮を優しくマッサージする時に使用します。お好みで「スカルヘッド大」・「スカルヘッド小」のどちらか装着してご使用下さい。私は「スカルヘッド大」を使用しています。頭皮が刺激されてマッサージされているかのような感覚です。私はスカルヘッド小はあまり使用していません。
ヤーマン遠赤外線ドライヤーのアタッチメント(スカルヘッド大) スカルヘッド大
ヤーマン遠赤外線ドライヤーのアタッチメント(セット用ノズル)ヤーマン遠赤外線ドライヤーのアタッチメント(セット用ノズル) セット用ノズル シャンプー後タオルで水分をよく拭きあとに使用します。多くのドライヤーに付いているドライ用のヘッドです。寝れた髪を乾かす時に使用します。使用時は髪から10cm程離して使用しましょう。
ヤーマン遠赤外線ドライヤーのアタッチメント(コームヘッド) コームヘッド 仕上げに冷風を当てるときに使用するスタイリング用のアタッチメントです。が、無くても不自由はありません。ブロー時に使用するセット用ノズルの方が重宝します。

 

ヤーマン遠赤外線ドライヤーの購入はこちら

 

 

コメントを残す